SamsungのGalaxy Z Fold3 5GとGalaxy Z Flip3 5Gの2機種を発表。

スマホ・通信・アプリ

Samsungが折り畳み2機種を発表!

サムスンが先日「Galaxy Z Fold3 5G」と「Galaxy Z Flip3 5G」の2つの折り畳みスマホを発表しました。今回の発表では大画面のNoteシリーズの発表はなくSamusungが折り畳みスマホを主力モデルとして扱っている事がうかがえる発表となりました。

タイでは9月10日以降に受取り可能で現在はSamsung Thailandの公式WEBサイトで予約を受け付けています。

Galaxy Z Fold3 5G

Galaxy Z Fold3 5G は「IPX8の防水に対応」「スタイラスペン対応」「アンダーディスプレイカメラ」という特徴がある折り畳みスマホです。

Galaxy Z Fold3 5G 価格
Galaxy Z Fold3 5GRAMROM価格
12GB256GB57,900THB
12GB512GB61,900THB

安いモデルでも57,900THBと価格はかなり高い。この価格帯でこのスマホを購入する人は熱心な折り畳みスマホファンかSamsungファンでしょう。

Galaxy Z Fold3 5G の特徴

・Sペンに対応
Galaxy Z Fold3 5GはSamsungの初めてスタイラスペン(Sペン)に対応した折り畳みスマホです。今回はNoteシリーズが発表されていないのでSペンを使いたいという人は Galaxy Z Fold3 5Gへの機種変更がおススメです。

・eSIM対応+物理SIM2枚

Galaxy Z Fold3 5Gは様々な場面で活躍するeSIMに対応していることに加えて物理SIMスロットが2つアルモデルもあり、現在デュアルSIM端末を使っている人も1枚をeSIMに変えることなく機種変更が可能です。 

・ アンダーディスプレイカメラ
Galaxy Z Fold3 5Gのインカメラはディスプレイの下に隠されており、全画面で快適に使う事が出来る。ただ アンダーディスプレイカメラはインカメラの画質を若干悪くなるのでインカメラをヘビーに使う人にはあまりお勧めではないです。

・IPX8の防水に対応
Galaxy Z Fold3 5G IPX8の防水に対応している折り畳みスマホで完全防水レベルなのでリゾートやプールでの利用が多く、雨期の間雨の多いタイで使うのに適した防水性能と言えるでしょう。

個人的にはIPX8対応、Sペン対応など前作のFoldシリーズからかなり欲しかった性能が搭載されたので、魅力的な端末になったとは思うのですが、価格がやはり高くなかなか手が出ない端末という印象です。以前のモデルよりは安くなりましたが、後一声安くなればというところでしょうか。

Galaxy Z Flip3 5G

Galaxy Z Flip3 5Gは前モデルと比べ価格が安くなり、サブディスプレイが大きくなり、IPX8の防水に対応するなど魅力的な端末に仕上がった印象です。

Galaxy Z Flip3 5G 価格
Galaxy Z Flip3 5GRAMROM価格
8GB128GB34,900THB
8GB256GB36,900THB
Galaxy Z Flip3 5G の特徴

・リフレッシュレート120Hzに対応
Galaxy Z Flip3 5GのディスプレイはメインディスプレイはフルHD+の6.7インチと前モデルから変わっていないが最大リフレッシュレートが60Hzから120Hzに変更になっている。長時間WebやSNS、ゲームをする人にも最適です。

・サブディスプレイは1.9インチ
Galaxy Z Flip3 5Gの サブディスプレイは前モデルの1.1インチから1.9型にサイズアップしたのでメインカメラを使って自撮りをするときにも使いやすいサイズになっている。あまり役に立たなかったサブディスプレイが様々な場面で役立つようになったようです。

・IPX8の防水に対応
Galaxy Z Flip3 5GはIPX8の防水に対応している折り畳みスマホで完全防水レベルなのでリゾートやプールでの利用が多く、雨期の間雨の多いタイで使うのに適した防水性能と言えるでしょう。

機能はあまり大きな変更はないですが、防水性能はかなり嬉しいという方が多いのではないでしょうか。また価格も安くなりデザインも一新されおしゃれになった印象です。
この価格ハイエンドの折り畳みスマホが手に入るのであればうれしいですね。

今後折り畳みスマホが続々発売?

持ち運びに便利なスリムな本体を広げて使えば大画面になる折り畳みスマホですが、現状はまだまだシェアも少なくニッチなタイプと言えるでしょう。

現在はSamusungの Galaxy Z FoldシリーズとFlipシリーズが折り畳みスマホの主流で他にもmotorola razr 5Gなどが若干ある程度ですが、折り畳みスマホは金額が高い物が多いので価格が安くならないとなかなか厳しいと思います。

今後、多くのメーカーが折り畳みスマホに参入し、様々なモデルを製造することで徐々にコストが下がり2023年頃にはシェアが拡大していくでしょう。

尚、Appleも2023年頃に折り畳みスマホを発表するのではと予想されており、折り畳み型のiPhoneが出てくれば折り畳みスマホ市場も盛り上がりを見せそうですね。

さいごに

今回Samusungが上記の2機種を発表しましたが、2機種とも折り畳みスマホという今後折り畳みスマホが増えていきそうな予感がする発表となりました。

特にGalaxy Z Flip3 5Gはお手頃価格で、人気が出そうな気がします。
2万バーツ台で購入できるようになればさらにシェアが拡大していくでしょう。