タイで携帯電話・スマホを紛失したらどうする?焦らず落ち着いて行動しましょう!

スポンサーリンク

意外に多い携帯電話紛失

タイで携帯電話をどこかに忘れた・盗まれた場合、どのような手順で手続きを行って行けばいいのかをご紹介いたします。

バンコクでスマホを無くした場合には帰ってくる可能性は低いですが、高額請求や情報漏洩に繋がらないように迅速に対応していきましょう。

まず最初に

 まずは自分の電話番号に電話をかけてみましょう。レストランなどに忘れている場合には電話に出てくれる場合もあります。

また、タクシー等に忘れた場合には運転手の方が電話に出てくれて、ある程度の金額と引き換えに届けますよと言われる場合もあるので、うまく金額交渉すれば帰ってくる可能性があります。

■戻ってくるかどうかは運!
日本で携帯電話を紛失した場合は、戻ってくる可能性が高いですがタイの場合はなかなか難しいというのが現実です。無くしたと思ったら誰かに電話を借りて電話をするようにしましょう。
タイ人が電話に出る可能性が高いので知り合いのタイ人に電話をかけてもらうと尚良いと思います。

スマホの位置情報を確認して電話をかける。

まずは、誰かに電話を借りるなどして自分の電話番号に電話をかけて誰か電話に出てくれないか確かめてみましょう。ここで電話に出てくれればスマホが帰ってくる確率は上がります。
また、電話をかけるのと並行してスマホの位置情報を確認して、現在地も確認しておきましょう。

携帯電話の位置情報が確認できるかを調べましょう。

Androidスマホをお使いの場合

Androidスマホの場合には、スマホに登録しているGoogleアカウントから端末情報を確認することが出来ます。詳細は以下の記事をチェックしてください。

Androidスマホを無くす前に、位置情報を確認出来るようにしておこう!
スマホで一番困るのが紛失・盗難スマホを使っていて、一番困るのがスマホの紛失・盗難です。タイでスマホを無くすと戻ってくる可能性は高くないので、無くさないようにするのが一番大事ですが、万が一なくしてしまった時のためにも、スマホ...
iPhoneをお使いの場合

iPhoneの場合には、iPhoneを探すページからiPhoneを探すことが出来ます。
詳細は以下の記事をチェックしてください。

■位置情報を確認してすぐに電話
電源が入っていない場合にも最後の位置情報が出るので、自分がどこに行ったかを思い出してお店などの場合にはそのお店に電話をかけてみると良いでしょう。

情報漏洩を防止するため端末をロックしよう

位置情報を確認したら、端末を保護するためにロックを書けるようにしましょう。
Android・iPhoneともに端末を探す一連の流れに沿って、端末のロックが可能です。

Androidの端末を探す画面で可能な操作。

・音を鳴らす…端末がマナーモードになっている場合でも、着信音を5分間鳴らします。
・端末を保護…端末をロックし、ロック画面にメッセージの表示が可能。
・端末データを消去…端末のデータを全て完全に消去可能。

iOSのiPhoneを探す画面で可能な操作。

・音を鳴らす…端末がマナーモードになっている場合でも、着信音を5分間鳴らします。
・端末を保護…端末をロックし、ロック画面にメッセージの表示が可能。
・端末データを消去…端末のデータを全て完全に消去可能。

Androidスマホを無くす前に、位置情報を確認出来るようにしておこう!
スマホで一番困るのが紛失・盗難スマホを使っていて、一番困るのがスマホの紛失・盗難です。タイでスマホを無くすと戻ってくる可能性は高くないので、無くさないようにするのが一番大事ですが、万が一なくしてしまった時のためにも、スマホ...

携帯電話回線を停止しよう

契約キャリアに行き、携帯電話を無くしたので回線を停止「Suspend」したい旨伝えましょう。手続きには契約名義のパスポートが必要になります。

回線を停止した時点では着信は可能ですが、インターネットの利用は不可になるため位置情報の取得は不可になります。

■回線停止をすれば有料の作業は不可に
電話回線を停止すると、データ通信や発信といった機能を停止出来るので、不正利用される心配がなくなります。ただ先述した通り位置情報の取得が出来なくなるのでご注意ください。

SIMカードを発行しよう

 契約キャリアに行き、携帯電話を無くしたのでSIMカードを再発行(Reissue)したい旨伝えましょう。再発行する事で以前使っていた電話番号がそのまま使用可能です。手続きには契約名義のパスポートが必要になりますが、パスポートを持ってReissueと伝えればすぐに同じ電話番号で新しいSIMカードが使えるようになります。

SIMカードの名義が自分でない場合(会社契約・知人のタイ人・Amazonで買ったSIM)の場合には再発行が面倒なのでご注意ください。

SIMを再発行した時点で昔のSIMカードは使えなくなり、元のSIMに戻すことはできなくなります。

■再発行で同じ電話番号をそのまま使える
SIMカードを再発行すれば、使っていた電話番号をそのまま使えるので電話番号が変わる心配はありません。ただ、スマホに入っているデータは戻ってこないので、しっかりとバックアップなどを取っておきましょう。

重要なアカウントのパスワードを優先的に変更

スマホには色々なアプリやサービスを登録していると思います。
全てのアカウントのパスワードを変更するのはなかなか難しいと思いますので、まずは銀行やクレジットカードを登録しているアプリやサービスのパスワードの変更、SNSのパスワードの変更などを行いましょう。

重要度の高い物から初めて、徐々に優先度の低いアプリやサービスのパスワードを変更していきます。

番外編:タイ旅行中にスマホを無くしたらどうする?

タイ旅行中にスマホを無くした場合には、高額請求などのトラブルに巻き込まれないように、まずはスマホを「デバイスを探す」や「iPhoneを探す」からロックしましょう。

次にスマホの位置情報を確認して、探して見つかることを期待しましょう。

もう見つからないとあきらめた場合には、各キャリアの問合せ窓口から回線停止手続きを行って、国際ローミングなどで高額請求が来ないようにしましょう。

各キャリアの連絡先は以下の通りです。

・DOCOMO:海外旅行中にスマホを無くした際の問合せ先

・Softbank:海外で携帯電話を盗難・紛失した場合

・au:海外で安心してご利用いただくために

■警察への届け出も忘れずに
タイ旅行中にスマホの紛失・盗難といったトラブルがあった場合、警察にいって届けを出しておきましょう。タイ警察発行の紛失(盗難)証明書があれば旅行保険から保険金が下りる可能性があります。
原則は紛失・盗難のあった地域の警察署に届け出を出す形になりますが、まずはツーリストポリスに相談してみても良いと思います。

・ツーリスト・ポリス
言語は英語かタイ語ですが、「1155」は24時間対応しているので、まずここに電話して指示を仰ぎましょう。

現地の警察へ届出を出すのも、観光客や住んでいる外国人が多い地域であれば結構スムーズに進んでいきます。届出を出しても探してくれるというわけではないですが保険などの事を考えて出しておきましょう。

さいごに

どれだけ気を付けていても、無くす時は無くしますし、特に気にしていなくても無くならない時は無くならない物です。

いつ無くなっても対応できるように、無くしたら何をする必要があるのかを理解しておくようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました