タイ・バンコク/シラチャでのSIMカード、スマホの契約は日系キャリアで契約する?

バンコクやシラチャに赴任した際のSIM・携帯どうする?

タイのバンコクやシラチャに新規で赴任してきた際に、必要なのが携帯電話・SIMカードでしょう。
スマホは生活に欠かせない物となっており、バンコクやシラチャでの生活の基盤を作っていくためにまずは準備したい物です。

タイのバンコクとシラチャには日本人が多く住んでいるため、日系の携帯キャリアショップもあります。
また、バンコクやシラチャであれば、現地のキャリアショップに行っても、英語を話せるスタッフの方がおり、簡単な英語で携帯電話・SIMカードを契約できます。

現地キャリア・日系キャリアのどちらで契約するかは個人の好みでしょう。
日本人に日本語でサポートして欲しいなら日系キャリア、英語である程度コミュニケーションを取れる、または英語でチャレンジしてみたいという人は現地キャリアで契約してみると良いと思います。

日系キャリアで契約する場合はこの2つ!

まず、バンコクには「berrymoible/ベリーモバイル」と「Yourmobileユアモバイル」の2つの日系キャリアがあり、「サービスで選ぶならベリーモバイル」・「価格で選ぶならユアモバイル」でしょうか。

次にシラチャには「berrymoible/ベリーモバイル」しかないため、シラチャで日系キャリアを使いたいという人は1択になります。

2社とも必要書類を持参すれば即日SIMカードの契約が可能です。

■タイの日系キャリアで契約する際の必要書類
・パスポート
・クレジットカード
・日本の運転免許 or タイの名刺

上記の通り、入国後に手続きが必要なWork Permit(労働許可証)が不要というのが日系キャリアのメリットです。WorkPermitが不要なのでタイ到着時にすぐに契約することが可能です。

では日系キャリア2社をそれぞれを簡単にご紹介します。

・berrymobile(ベリーモバイル)/ バンコク・シラチャ

ベリーモバイルは、タイに住む日本人向けにSIMカードや携帯電話の契約・販売・サポートを行っている会社で、日系携帯キャリアの中で契約回線数No.1のようです。

バンコクとシラチャに2拠点を構えており、日本人が店舗に常駐しています。
料金プランに関しては、現地キャリアと比べると少し高いものの、「サポート品質」「日本語対応」「タイ生活に役立つ通信商品ラインナップ」などで人気があるようです。

ベリーモバイルの特徴は色々ありますが、個人的に特徴的だなと思ったのが以下のポイントです。

① 各店舗で日本人が常駐サポート
② 毎月の請求金額に応じてポイントが貯まる。
③ 毎月の請求金額に応じてJALマイルが貯まる。
④ 会員向けの優待価格で各種割引が受けられる。
⑤ 一時帰国や旅行向けの商品が豊富。

この中でも特に「日本人が常駐サポート」という部分で選んでいる人が多いようです。

代表的なプランで日本人が契約しそうな価格帯は以下のイメージでした。

高速データ月額基本料金無料通話
2GB390THB60Min
10GB690THB100Min
40GB990THB200Min

≫ ベリーモバイルのスマホプランページ

他にも色々なスマホ向けプランが用意されているようなので、気になる人はチェックしてみてください。

通常、日本ではMVNOというと大手キャリアよりやすいのが普通ですが、ベリーモバイルは現地回線に日本人が欲しい付加価値サービスを追加し、現地キャリアより価格は高くなっています。

ただ、タイで携帯電話のトラブルがあった際に頼れるお店として日本人から選ばれているようです。

・YourMobile(ユアモバイル)/ バンコク

次にユアモバイルですが、こちらもベリーモバイルと同様、タイに住む日本人向けにSIMカードや携帯電話の契約・販売・サポートを行っている会社で、ベリーモバイルで働いていた人が独立して立ち上げた会社との事です。

拠点は行状はバンコクのみで、日本人と日本語が上手なタイ人が店舗に常駐してサポートを提供しています。料金プランに関しては、現地キャリアと比べると少し高いが、ベリーモバイルと比べると少し安いという絶妙な価格設定となっており、狙いは「タイ最安値の日系キャリア」という立ち位置です。

そんなユアモバイルの個人的に印象的な特徴は以下の通りです。

① 日本語で契約手続きが可能。
② 日系キャリア最安値のプラン
③ LINE問合せがある。
④ 会員向けの優待特典を受けられる店舗がある。
⑤ 一時帰国や旅行向けの商品がある。

代表的なプランで日本人が契約しそうな価格帯は以下のイメージでした。

高速データ月額基本料金無料通話
2GB399THB30Min
11GB649THB100Min
40GB899THB100Min

≫ ユアモバイルのスマホプランページ

日系キャリアの2社のうち価格が安いのはユアモバイルとなっています。
先述したベリーモバイルと比べて100バーツくらい月額が安くなっています。日本語サポートが欲しいけど価格は安い方がという方の選択肢として選ばれているようです。

シラチャでの日系キャリアはベリーモバイル一択

ベリーモバイルとユアモバイルに関して、簡単にご紹介しましたがシラチャに携帯ショップを構えているのはベリーモバイルだけです。

バンコクの場合は2つの日系キャリアから選べますが、シラチャで日系キャリアで契約したい場合にはベリーモバイル一択になります。

私もシラチャ出張の際に何度かお邪魔していますが、シラチャ店にも日本人が常駐しているので、日本語で色々相談できるのは助かります。

日系キャリアで契約するメリット

タイに来て日系キャリアで携帯電話やスマホ、SIMカードを契約するメリットは何があるのでしょうか?

一番のメリットは日本語サポート

基本的には「日本語でのサポート」という部分が一番大きいと思います。
ローカルのキャリアショップでサポートを受けたいと思った際に「通信のトラブル」や「スマホのトラブル」のどちらかでキャリアショップに行くと思いますが、細かいニュアンスをタイ語・英語で伝えるのが面倒という方が一定数いると思います。

そんな時に日本語で詳細なトラブルの内容を伝えられるのはかなりメリットが大きいです。

逆に日本語サポートが必要ないという場合には、そこまで日系キャリアで契約するメリットは大きくないかもしれません。

在タイ日本人に必要な商品ラインナップ

次にメリットとして挙げられるのが、在タイ日本人に必要な商品ラインナップでしょう。

例えば、「一時帰国」や「海外旅行」、「日本との通信手段」など在タイ日本人がタイにいる間に使う商品と言えばという定番の商品がいくつかあります。

日系キャリアの場合には、そのほとんどが揃っているので、契約している日系キャリアに相談すればワンストップで解決するというメリットもあります。

日系キャリアの提供回線は現地キャリアの再販

日系キャリアと言っていますが、自社でネットワークは持っておらず「AIS」「True」「Dtac」のいずれかの回線を再販する形になっています。

なので、電波状況や通信速度はどこの回線を利用するかに依存します。
また、現地キャリアの回線を利用しているので、「5G」・「eSIM」などの現地キャリアが提供しているサービスも利用可能です。

スピードで選ぶならAISがオススメ!

スマホを使う上で一番重要なのは通信速度という方が多いと思います。

いくつかのキャリアで通信速度をテストしてみましたが、AISの5Gが一番通信速度が速かったので、通信のスピードで選ぶのであればAISがおススメです!

ネットで契約できる日系キャリアも

日系キャリアのベリーモバイルでは、「日本で契約」出来るというサービスを提供しており、タイに来る前に家族分のSIMカードを契約するという人も多いようです。

さいごに

最安値で携帯電話・SIMカードを使いたいという方の場合は、現地キャリアで契約すると良いと思いますが、タイ生活で携帯電話や通信のサポートを受けたいという場合には、サポートが充実している日系キャリアを選ぶと良いと思います。

個人的なおススメはタイに来たばかりの時はとりあえず、日系キャリアを使ってタイ生活に慣れてきたらローカルキャリアに変えても良いのかな?と思います。

タイトルとURLをコピーしました