自宅で通信速度を計ってみた、AIS/True/FINNMOBILE(dtac)どのくらいスピード違うのかチェック!

スポンサーリンク

自宅の通信速度をチェック!

皆さんは自宅でスマホの通信速度がどのくらい出ているのか調べたことはありますか?
自宅のWiFiが不調な時や遅い時にどうしてもモバイル通信を使ったり、テザリングでPCを使う事もあるのでどのくらいスピードが出るのかを知っておくことは結構重要です。

最近はバンコク内で5Gが使える地域も増えてきており、5Gを使えば自宅のWiFiより快適にインターネットが使えるというケースも増えてきています。

今回は自分が持っている3種類のSIMカードで通信速度を測定してみました。

① AIS / 5G

② True / 5G

③ FINNMOBILE(dtac) / 4G

①のAISはベリーモバイルで契約、②のTrueはキャリアと直契約、③のFINNMOBILEはキャリアと直契約となります。

体感ではFINNMOBILEが遅いというのは感じますが、AISとTrueはそこまで大きな違いは無いですが、AISの方が速度が出ているように感じています。実際に計測するとどんな結果が出るのでしょうか?

測定に使う5Gスマホ

測定に使う5Gスマホは昨日紹介した、格安5Gスマホの「Redmi Note 10 5G」を使います。

対応周波数帯の少ない格安5Gスマホでもちゃんと5G通信はできるのでしょうか。
4Gだと、自宅だと大体20~40Mbpsだったのがどのくらい早くなるのか楽しみです!

測定に使うアプリ

今回測定にはSpeedtestという測定アプリを使います。

アプリだと測りたい時にサクッと測れるので、引っ越し予定の場所でスマホのスピードテストをするときなどに役立つので入れておくと便利です。

スマホでタイのキャリアの速度計測!

では早速、各キャリアの通信速度を計っていきます。
大前提としてAISとTrueは5G対応、FINNMOBILEは5G非対応のため4Gとなります。

ちなみに日本の5G回線の平均通信毒度は以下の通りです。

日本のキャリア別5G通信速度
Docomo179Mbps
Softbank190Mbps
au180Mbps
楽天モバイル50Mbps

AIS

まずはAISから速度を計ってみます!

結果は下りが472Mbps、上りが103Mpbsとなりました。
このくらいの速度が出ていればなんでもサクサク作業できるので、問題ないですね。
タイの5Gは速度が遅いと言われていた時期もありましたが、大分早くなっていますね!

True

次にTrueの5Gのスピードを測定します。

下りが263Mbps、上りが41.8Mpbsとなりました。
体感ではAISとTrueはそこまで大きな違いは無いのかなと思っていましたが、測定してみると約2倍の違いがあるという結果になりました。ただ、このくらいのスピードが出ていればまず困ることは無いですね。

FINN MOBILE(dtac回線)

最後に4GのFINN MOBILEを測定してみます。前回の測定ではかなり遅かったのですが、端末が変われば多少は改善するのでしょうか?

前回速度を計った時は10Mbpsを超えなかったFINNMOBILEですが、今回は20Mbpsを超えてきたのでまずまずのスピードでした。

ただ、今回は5Gと4Gでの測定結果となるので、さらに圧倒的な差が付く結果となりました。

さいごに

上記の今回の調査結果では、AISが一番安定した通信速度が出ており、次にTrueもAISには届かないものの、4Gと比較すると圧倒的に早くなっていました。

場所や時間によっても通信速度は結構変わるので、参考程度に見てもらえればと思います。

FINN MOBILEに関しては5Gに対応していませんが、dtacもバンコクでは5Gが使える場所が徐々に使える場所も増えてきているようです。
➡Dtacのカバレッジ確認ページ

安定して使いたいという人はタイにこれから来るという人はAISかTrueを選んでおけば間違いないと思います。

タイトルとURLをコピーしました