【タイ】バンコクでSIMカードを購入する方法・必要な物・オススメ商品などをご紹介!

バンコク生活に欠かせないSIMカード!

タイの首都バンコクへの旅行や出張・そして赴任が決まったら気になるのがスマホの利用に関してだと思います。タイに赴任する際には部屋の準備やVISAの取得と並んでSIMカードの準備が重要です。

日本ではSIMカードを準備するというと月額契約のプランを思い浮かべる方も多いと思いますが、タイの首都バンコクではチャージして使うタイプの【プリペイドSIM】カードを気軽に購入することが出来ます。

渡航前に日本で準備する事も出来ますが、現地に着いてからも簡単に購入出来るのでご安心ください。
今回はそんなタイ・バンコクでSIMカードを購入する方法や購入時の必要書類・オススメの商品などをご紹介いたします。

タイの通信会社は2社で3ブランド

タイの通信会社はAISと最近TRUEとDtacが合併してTRUEになり2社となっています。
ただ、dtacというブランドは残すようなのでAIS・TRUE・dtacの3つのブランドから選ぶ形になります。

この3つのブランドの中で選ぶとしたらどれを選べばいいのでしょうか?

オススメはAIS

バンコク内で使う事を考えると、正直どこのSIMカードを使っても使えないという事はありません。

ただ、同じく5Gを使えるSIMカードで比較をした際に、AISのSIMカードの通信速度が一番早かったので個人的にはAISをお勧めします。

AISはTrueとDtacの合併によりシェアTOPからは陥落しましたが、通信品質でいうと頭一つ抜けている印象です。

✓ パッケージにそこまで差はない
各社プリペイドタイプのSIMカードを提供していますが、パッケージの価格にはほとんど差は無いので選べるのであれば通信品質の良いAISを選ぶことをお勧めします。

プリペイドSIM購入時の必要書類はパスポートだけ

では、プリペイドSIMをタイ国内で購入する際に必要になる書類ですが「パスポートだけ」でOKです。

SIMカードを販売しているカウンターでパスポートを提示すれば、即日開通したSIMカードを購入できます。パッケージも様々なありますが、旅行者向けのパッケージは空港が品揃えが良いので空港のカウンターで購入する事をオススメします。

パッケージを選んでSIMカードを購入すればカウンターのスタッフの方が、SIMカードの入れ替えや簡単な設定を行ってくれます。

バンコクでSIMカードはどこで買う?

バンコクでプリペイドSIMカードを購入する際ですが、どこで買えば良いのでしょうか?
空港のキャリアのカウンターやショッピングモールのカウンターで気軽に購入できます、コンビニも購入できるのですがスタッフの人がやり方が分からないので断られる場合もあるので、「空港のカウンター」か「ショッピングモールのカウンター」で購入するようにしましょう。

空港でSIMカードを買う!

タイは観光客が多く訪れるので、外国人にSIMを販売するのに慣れています。
タイに入国をしたら、SIMカードを販売しているカウンターに向かって購入するようにしましょう。

基本的には英語で対応してくれますが、英語でのコミュニケーションが不安という場合には「〇〇Days」と滞在期間を伝えれば最適な商品を案内してくれます。

ショッピングモールでSIMを買う!

タイのショッピングモールにはキャリアショップが入っている事が多いので、GoogleMAPで「AIS」や「TRUE」と検索してみると最寄りのキャリアショップが表示されます。

バンコクであれば英語を話せるスタッフが大体いるので、困ることはないでしょう。
混んでいる場合もあるので、時間に余裕を持っていくと良いと思います。

オススメのパッケージは?

オススメのキャリアは「AIS」で「比較的どこでもSIMが買える」という事をご紹介いたしましたが、どのパッケージが良いのか悩むという方も多いと思います。

また、旅行や出張者のような短期利用者とタイに赴任された長期利用者の方では異なる部分もあると思いますので、そのあたりを含めてご紹介いたします。

【短期利用なら】AIS TRAVELLER SIM

まずはバンコクに旅行や出張を目的に来たという方は、AIS TRAVELLER SIMを利用すれば問題ないでしょう。

以下の通り、8日・15日・30日の3種類あり、価格は299THB・599THB・899THBとなっています。
日本のプリペイドSIMと比べるとかなり安いのでタイ旅行や出張の際には是非プリペイドSIMカードを使ってみてください!

✓ 使い終わったら捨てるだけ!
旅行用のSIMカードは使い終わったら捨ててしまってOKですし、チャージして期限を延ばして次回のタイ旅行の時まで同じ電話番号をキープするという事も可能です。

【中長期利用なら】AIS NETMARATHON

次に中長期の利用で通信速度にこだわらないという方は、AISのNETMARATHON(ネットマラソン)というSIMカードをとりあえず使うという方法もあります。

上記は、15Mbpsという速度でデータ使い放題というパッケージですが、3ヵ月・6ヵ月・12カ月というタイプが用意されています。

利用期間 通信速度 金額
3ヵ月 15Mbps 535THB
6ヵ月 15Mbps 880THB
12ヵ月 15Mbps 1,790THB

12ヵ月使えて1,790THBはかなりお得です。
15Mbps出ていれば動画も一応見れるので、速度にこだわらない方にオススメです。

通話に関しては、チャージをして使う形になりますが、MyAISというアプリやAISショップなどでチャージ出来るのでそこまでハードルは高くありません。

✓ パッケージが終わったらパッケージ追加購入か新たにSIM購入
この低速パッケージに関しては1年経過後移動で延長とはならず、同じパッケージを購入出来るかも不明なため、パッケージが切れるタイミングで同じようなパッケージを適用するか、新しく同じSIMカードを購入する形になります。

日本でSIMを買うという方法もある

今回はタイでSIMカードを購入するという方法をご紹介しましたが、旅行者や出張者の方であればSIMカードを日本のECサイトなどで事前に購入するという方法もあります。

どういったSIMがあるのかは是非、以下の記事をチェックしてみてください。

さいごに

バンコク旅行や出張に来る方は、ずっとプリペイドSIMカードをご利用いただくと簡単・快適にスマホをバンコクで使う事が出来ます。

中長期の滞在の方は、NET MARATHONをとりあえず使ってみるか、ポストペイドで契約するという方法もあります。

SIMカードをGETして快適な通信を行ってみてください!

タイトルとURLをコピーしました