新iPad miniが熱い!「Touch ID」「Type-C充電」「8.3インチ」!

スマホ・通信・アプリ

新iPad miniが熱い!

9月15日のAppleのイベントで「iPhone13」や「iPad 第9世代」、「Apple Watch Series 7」などが発表されたが、個人的に今回のイベントで一番興味をそそられたのが「iPad mini 第6世代」です!

タイトルにもあるように、電源ボタンにTouch IDを搭載、充電がType-Cになったりと前回の第5世代からかなり進化した印象です。

新型iPad mini 基本情報

今までのiPadはiPadの小型版という印象でしたが、今回のiPad miniはiPad Airの小型版という印象のデザインに生まれ変わりました。

「A15 Bionicチップ」を搭載することで今までiPad mini を使っていたという方は前のiPad mini より、CPUは40%高速にGPUは80%高速にとサクサク感が圧倒的に違ってくるようです。

一番反響があった点としては、充電ポートが今までのLightningからUSB-Cに変わった事でしょう。
この USB-Cポートに変わったおかげでデータ転送が圧倒的に早くなったり、様々なデバイスと簡単に接続出来るようになりました。

この機能をiPhoneにつけて欲しかった、次のiPhoneに期待という意味でもiPad miniが注目されているように感じます。前回のiPad mini から進化したポイントは以下です。

■A15 Bionicチップ搭載
■充電ポートがUSB-Cに
■5G通信に対応

■電源ボタンに指紋認証を搭載し画面占有率が向上
■12MPの超広角カメラを搭載しセンターフレーム機能が使える
■Apple Pencilは第2世代に対応
■4K撮影が可能に

iPad mini 第6世代の基本スペック

iPad mini第6世代の基本スペックを見てみましょう。

モデル名iPad mini(第6世代)
サイズ195.4*134.8*6.3mm
重さWiFi:293g/WiFi+Cellular:297g
4色:スペースグレイ/ピンク/パープル/スターライト
画面サイズ8.3インチ
OSiPadOS 15
チップA15 Bionic
防水性能なし
ストレージ64GB/256GB
セキュリティTouch ID
メインカメラ12MP広角カメラ
インカメラ12MP超広角フロントカメラ

iPadに防水性能が無いのはいつものことですが、これに防水性能が付いていたら迷わず買う1台だと思います。

端末色4色展開

スペースグレイ/ピンク/パープル/スターライトの4色展開です。
前モデルとはデザインが大幅に変更になったので特に新色というわけではないですが、しいて言えばパープルが新色と言えるでしょうか。

タイでのiPad mini 第6世代 の販売価格

iPad mini 第6世代のタイでの販売価格は以下の通りです。

WiFi64GB17,900THB
256GB23,400THB
WiFi+Cellular64GB23,400THB
256GB28,900THB

どうせ買うなら5G対応のWiFi+Cellularモデルですが、価格差は5,500THBと小さくないので悩むところです。テザリング利用前提であればWiFiモデルでも十分ですが、WiFiモデルはeSIMも使えないため、個人的にはCellularモデル一択だと思います。

タイでのiPad mini 第6世代 の販売時期

Apple Thailandの公式ページにはまだ発売開始時期が掲載されておらず不明となっていますが、日本ではすでに予約できる状態なのでそう遠くない日程で予約は開始されるのではないでしょうか?

小さく持ち運びやすいサイズなので、街中や自宅、旅行先など場所を選ばず活躍してくれると思います。今古いiPadを使っている人はこの機会に買い替えを検討してみても良いでしょう。
ただ、小ささやホームボタンにこだわりが無く、そこまでヘビーに使わないという人は今回発表されたiPad(第9世代)の方が価格が安いのでそちらを選んでも十分だと思います。

さいごに

USB-C搭載されたのがうれしい、電源ボタンがTouch IDなのが良い!などの良い意見やiPad miniなのに価格が高い、これに通話機能が付いていれば買いといった批判的な意見など様々な意見が寄せられていますが、今回のAppleのイベントの発表の中で最も注目を浴びたのはiPad miniだと思います。

次の新型iPhoneに是非、この話題になっているUCB-Cポート搭載と電源ボタンがTouch IDの2点が反映されると良いですね。