当ブログ内の記事にはプロモーションを含む場合がございます

[A8.net]広告出稿してみたら、分かった料金体系や費用感。企業は出稿してみるべきか?

日本のアフィリエイト広告と言えば「A8.net」が一番有名ではないでしょうか。
そんなアフィリエイト広告ですが、実際に費用対効果に合うのかな?という印象があったのですが、実際に試してみたところ、「料金体系」「費用感」などが分かりましたので今回はそんなA8.netへの広告出稿に関してご紹介いたします。

現在、A8.netに広告出稿するか悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

A8.netの基本情報

まずA8.netの基本情報ですが、基本的な流れとしてはA8.netに登録しているメディアやインフルエンサーの方に自社が紹介して欲しい「商品」や「サービス」を広めてもらい、発生した成果に応じて設定した「報酬」を支払うという流れになります。

基本的には成果報酬を支払っていく形になりますが、A8.net側からは「基本料金」と「成果報酬の30%」という金額が請求されるのでこのあたりも利用の際には注意しておく必要があるでしょう。

ただ、「Google広告」などより費用感を抑えて広告を出稿出来る点や、レビュー記事などを掲載して貰えるのでA8.netへの広告出稿を続けている限り記事が資産として残り続けるというのも他の広告と違う大きな特徴です。

A8.net広告はどういう時にオススメ?

A8.netがどういった時に効果を発揮するかと言いますと、「新サービス」や「新商品」を広めたい時に一番効果を発揮してくれます。

新サービスを立ち上げて専用サイトも同時に立ち上げた場合に困るのが「アクセス」をどうやって集めていくかという点です。せっかく良いサービスが出来たとしても知られなければ売れる事がありません。

そんな時にA8.netで広告出稿すれば、「新サービス」や「新商品」を多くのメディアが紹介してくれ、それがどんどんインプレッションを稼ぎ自社のサービスへ誘導してくれます。

BtoC〜BtoBと様々な業種で効果を発揮してくれる事間違いなし!

✅ プロのブロガー・メディアが紹介してくれる
自社で紹介記事を作成する際に、どのポイントが顧客に刺さるのかというのはやってみないと見えてこない部分です。それをプロのブロガーの方やメディアの方が刺さりそうなポイントを推した記事を作成してくれます。また、「レビュー」や「口コミ」など自社では潰しにくいキーワードの記事もどんどん作成してもらえます。

A8.netに広告出稿する流れ

A8.netでアフィリエイト広告の出稿を行う際の流れは以下のようになります。

① A8.netへ問い合わせる

A8.netの公式WEBサイトから広告掲載を検討している旨連絡しましょう。
担当者より打ち合わせ希望の連絡が来るので、詳細な内容を確認します。

② 掲載内容や料率に関しての打ち合わせ

次にA8.netのサービス紹介や基本的な流れを確認し、自社の商品の打ち出し方やコミッション料率に関してなど打ち合わせを行います。

③ 申込書を提出する

A8.netの内容を確認し、問題なければ契約書の締結を行います。ここから審査が行われて問題なければアカウントが作成され、担当者の方より必要な設定などの情報が送られてきます。

④ WEBサイトの更新

A8.net経由のオーダーを判別するため、WEBサイトにタグを設置する必要があります。自社でWEB更新を行っていない場合にはここに時間がかかる可能性があるのでご注意ください。

⑤ 素材の準備

上記のタグ設置と同時進行で、A8.netより広告素材の準備の連絡が来ます。
私が申し込んだ際には、「バナー素材 :必須点数6点」「テキスト素材:必須点数5点」「メルマガ素材:必須点数1点」の準備の連絡がありました。自社でバナー作成が難しい場合にはこちらに時間がかかるかもしれません。

⑥ オーダーテスト

タグと素材の準備が完了したら最後にオーダーがしっかりとカウントされるかのテストを行って最終確認を行います。これで問題が無ければ広告の掲載開始です。

✅ 広告掲載までの期間は社内体制次第
A8.netに広告を出すのにどのくらいの期間がかかるかですが、「WEB更新」と「素材の準備」次第と言えると思います。私は自社で全て用意が出来たため、2月下旬に問い合わせを行い4月中旬には広告出稿が完了しました。

A8.net広告運用にかかる費用は?

次にA8.netで広告運用を行っていくために必要な費用を見ていきましょう。
自社商品の料率さえ決まればある程度具体的な数字やどの程度のコンバージョンが必要かが見えてきます。

① 初期費用 (アカウント開設)

A8.netに初回申し込む際にアカウント作成費用のようなイメージで発生します。
金額は2023年8月時点で50,000円です。これはワンショットで終わる支払いなのと金額もそこまで高くないと思います。

②月額費用(システム利用料)

次に月々A8.netの広告プラットフォームを利用するのに必要なのが月額利用料金です。これは契約期間によって変わってくるのですが、最低6ヵ月契約で40,000円です。私はとりあえず6ヵ月契約という事で申し込んだのでこの40,000円が固定の月額費用となります。

③ アフィリエイト報酬

次にアフィリエイト報酬ですが、これは自社でコミッションの料率などを設定出来るので、商品の粗利などに基づき決めていきましょう。1件:500円や15%といった料率の設定が可能です。

④ A8.netへの手数料

上記のアフィリエイト報酬の30%がA8.netへの手数料として発生いたします。1ヵ月で10万円のアフィリエイト報酬が発生した場合、A8.netの手数料は3万円発生するのでここもしっかりと計算しておきましょう。

絶対に発生する費用としては上記の4点です。

✅ 記事作成数を伸ばしたければ記事作成費用を出すことも可能。
A8.netに広告を掲載すると自然に提携メディアが増えてきますが、質に関しては千差万別です。しっかりとした記事を作成して欲しいという場合には記事作成費用を出すことも可能です。
私はこれはやらずに「レビュー募集プログラム」という無償提供の代わりにレビューを作成してもらう物を利用しましたが、これは費用が掛からずしっかりしたレビューを作成してくれたのでオススメです!

実際に費用感を確認してみよう!

例えばのイメージですが、以下のような商品をA8.netで広告出稿する際のイメージを見ていきましょう。

物販で広告出稿

比較的利用しやすいのが自社ECでの販売だと思います。
料率は好きに設定出来るのですが、今回は15%で設定したとします。

商品価格 原価 コミッション料率
2500円 1500円 15%
・50枚販売の場合

上記のように設定し、A8.net経由で月に50枚販売した際の費用は以下の通りです。

商品原価 月額料金 コミッション A8.net手数料
75,000円 40,000円 18,750円 5,625円

上記の場合、A8.net経由での粗利は以下の通りになります。

売上 A8.net 費用 粗利
125,000円 139,375円 -14,375円

上記の通り、50枚の販売では14,375円の赤字となります。当然販売数を伸ばしていけばプラスにはなります。例えば1000枚販売した場合は以下の通りです。

・1000枚販売の場合

次にA8.net経由で1000枚販売した場合には以下の通りです。

販売数 売上
1000 2,500,000円
商品原価 月額料金 コミッション A8.net手数料
1,500,000円 40,000円 375,000円 112,500円
売上 A8.net 費用 粗利
2,500,000円 2,027,500円 472,500円

上記の通り、販売数が増えれば十分利益を確保しながら広告運用を行う事も可能です。

ただ、商品によりますがいきなり1,000オーダーを取るというよりも、徐々に掲載メディアが増加して効果が出てくるのでここは注意が必要です。

ただ、A8.netは有料メディアをいくつも抱えているので、想像しているよりも順調に推移するなというのが利用してみた感想です。

記事が資産になる!

A8.netを利用して一番感じたのは、メディアの方たちが実際に書いてくれる記事が資産として貯まってくるのでこれは他の広告媒体には無いメリットだと思います。

最初は少しマイナスになる可能性はありますが、広告効果+記事資産形成と考えるとかなりコスパは良いと思います。自社の記事より第三者目線で記事を書いてくれるというのがポイントです。

A8.netで広告運用してみた感想

実際に少しA8.netで広告を運用してみた感想としては、初期のサービス立ち上げ時などに非常に有効だと思いました。

広告費用に関してはある程度のオーダーが来れば利益が出るラインで報酬設定しておけば、効果が出始めた頃にA8.netで利益をしっかり確保しながら新規の記事がどんどん増えていくという状況になります。

また、Google広告と比較してもコスパは悪くないので、Google広告に回す予定の金額の一部を使ってA8.netで広告運用をしてみる価値は十分だと思います。

詳細は以下よりご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました