2画面スマホ、MicrosoftのSurface DuoとSamsungのGalaxy Z Fold 2について。

スマホ・通信・アプリ




2画面スマホ、MicrosoftのSurface Duo

Microsoftと言えば、自社OSを登載したWindows Phoneを展開していましたが、Android、iOSに押されて撤退したと思っていましたが、Android搭載の2画面スマホ「The Surface Duo」を近日発売しそうです。

2画面スマホと言いましたが、上記の画像の通りスマホと言うには大きく、大きさ的にはスマートフォンとタブレットの中間のファブレットのようなイメージになるかと思います。
当初、2020年末頃の発売の予定と伝えられていましたが、9月中の発売を計画しているとの事です。そんなThe Surface Duoについて噂をまとめてみました。

Surface Duoのスペック予想

OS Android 10
Processor Snapdragon 855
液晶 5.6 inch×2画面
RAM 6GB
メモリー 64GB/256GB
外部メモリ 使用不可
SIM Slot nano SIM
カメラ 11MP
セキュリティ 指紋認証
バッテリー 3460mAh
その他 Surface Pen

上記が現在噂されているSurface Duoのスペックですが、型落ちの「Snapdragon 855」を登載して、6GBのRAMを搭載して内部ストレージは64GBと256GBとよそうされています。5GとNFCには非対応になるようで魅力があまりないように感じられます。

また、バッテリーサイズが、3460mAhと2画面の割に小さく実際に使うと1日は持たないように思えます。カメラは11MPとあまり高性能ではないので写真を撮影する端末としても魅力に欠けますね。

メインのスマホではなくサブのタブレットとして使うイメージになるかと思うので、価格が2万バーツ台であれば、購入する人もいるかなと思いますが、4万バーツ台になるのであれば、メインでも使えるSamsungのGalaxy Z Fold 2を選ぶ人が多くなりそうな気がします。

Galaxy Z Fold 2について

OS Android 10
Processor Snapdragon 865か865+
液晶 7.7 inch+6.23inch
RAM 12GB
メモリー 512GB
カメラ 12MP+16MP+12MP フロント10MP
バッテリー 4380mAh
その他 S Pen非対応

Galaxy Z Fold 2は上記の画像の通り、折り畳み時にもサブディスプレイが使える為、電話の際には小さい画面で利用する事が出来ます。スマホとしてもサイズ的に使えます。

先に紹介したSurface Duoがスマホとしては使いにくい点を考えるとメインで使う事を考えると、Galaxy Z Fold 2の方が断然良いと思います。カメラ性能もバッテリ―性能もSurface Duoより断然優れています。

ただ、価格は前回のSamsung Galaxy Foldが69,900THBだったので、今回も同等程度の価格になると思います。7万バーツのスマホを購入するのは躊躇してしまいますよね。

さいごに

Surface Duoはスマホと言うには大きく、タブレットとして使う事になりそうな気がします。現在Surfaceを使っている人の場合、Surface+Surface Duo+スマホというような3台持ちになると思うので正直微妙です。現時点の情報を考慮するとあまり売れないだろうと思います。

一方でGalaxy Z Fold 2は大画面で使う際と、閉じた状態で使う際の両方が快適に使える優秀な2画面スマホだと思いますが、価格が少々高いので価格で躊躇する人が多いと思います。

コメント