タイに長期滞在するなら現地SIMがおすすめ!プリペイドSIMやポストペイドSIM等

タイ生活・タイ情報
f:id:boku-bangkok:20191116155928p:plain




タイに長期滞在する場合にはやっぱりSIMカード!

f:id:boku-bangkok:20191116153844j:plain

タイのバンコクであれば、ホテルやカフェなどでも多くのフリーWiFiがあるので、短期間の滞在であれば意外にフリーWiFiだけで乗り切るという方も少なくありません。

ただ、長期タイに滞在する方や年に数回タイに渡航する方であれば、現地SIMを調達し、自分のスマホをSIMロック解除する事がおススメです!

タイでは、プリペイドSIMがパスポートの提示だけで購入でき、データ通信は無制限の物が多いので気にせずデータ通信を行えます。また、タイのSIMカードの多くは速度制限後も384Kbpsと日本の128Kbpsより早い物がおススメです!

やはり旅先でもGoogle MAPやインターネット検索、Grabなどのアプリを使って快適にタイ生活を満喫してください!

端末はSIMロック解除 or SIMフリースマホを準備!

f:id:boku-bangkok:20191116153730p:plain

日本のキャリアで購入した端末であれば、SIMロックがかかっているのでタイのSIMを入れてもそのまま利用する事は出来ません!

現地のSIMカードを使う場合にはSIMロック解除を日本のキャリアで行っておきましょう。海外用のSIMフリースマホを1台購入するという方もいます!

上記のいずれかの方法でタイのSIMを指して使えるSIMカードを入手しましょう!

タイのキャリアは3つ、おススメはこれだ!

f:id:boku-bangkok:20191116154105j:plain

タイは、AIS・True・Dtacの3つのキャリアがあります。

タイのSIMカードを購入する場合には上記のいずれかのキャリアから選ぶ形になります。

その中でもおススメはAISです!通信速度が安定しております!

個人的にはSIMカードはAIS一択です!

一番微妙なのはDtacですね。バンコク近郊でも電波状況が良くない場所が有ったりするので注意が必要です。

プリペイドの購入方法はこれでOK!

プリペイドSIMを購入する場合には、パスポート原本が必要です。

コピーでは断られる事があるので、原本を持って行きましょう!

購入できる場所は空港やデパートなどのキャリア直営店で購入が可能です。

タイ到着後、空港に各携帯キャリアのカウンターがあるので、そこでご購入になられるのがおススメです!パスポート原本も持っていると思いますので、空港で買ってしまいましょう!

自分の滞在期間に合わせたパッケージを指定して、料金を支払い、スマホを渡すとSIMカードを入れて設定をしてくれます。

無料通話がなくなったり、データのパッケージを購入される場合には、街中のキャリア直営店でチャージが可能です!

ポストペイドの契約方法はこれでOK!

空港で購入したSIMをポストペイドに切換える場合には、必要書類が異なります。

● パスポート(SIM購入時に提示したもの)

● ワークパーミット(タイの労働許可証)

ポストペイドの場合、利用料金を後払いできるので、プリペイドのように残高不足で使えないといった事が起こらないので安心です。

また、期限が切れる事が無いので、同じ番号をずっと使いたいという方はポストペイドでのSIMの契約をお勧めいたします!

※このワークパーミットが無い場合にはポストペイドでの契約は原則できません。

ワークパーミットなしでポストペイド契約をしたい場合には、ベリーモバイル等の現地で営業している日系の通信事業者で契約を行う方法があります。

コメント