バンコクの5Gってどうなの?AISの最新プランを調べてみた。

スマホ・通信・アプリ
引用:AIS




5Gとは何だっけ?

さすがに5Gって何?という人は少なくなってきたと思いますが、一応説明しておきます。

5Gとは何か簡単に説明すると、現在の4Gを使った通信より、高速で大容量のデータ通信を遅延が少なく行えるようになったサービスという風に考えていただくといいと思います。

以前、簡単にまとめているので気になる人はチェックして下さい。

バンコクではかなりエリアが広がっている!

上記が現状のAISのカバレッジですが、バンコクはピンが立ちすぎてよく分からなくなっています。
そろそろピンを立てる方法じゃなく色分けしたMAPに変えてほしいですね。

バンコク以外にもパタヤやシラチャがある東部地区も5Gがかなり使えるようになっていますね。
まだタイ全土で使えるのは先になりそうですが、バンコクでいうとかなり広範囲で5G通信をおこなます。

AISの5Gのパッケージをチェックしてみた!

では、現在のAISが提供している5Gパッケージをチェックしていきましょう。
Trueもカバレッジの拡充を頑張っていますが、現状はAISが一番5Gのカバレッジが広いように感じています。以下が2020年11月6日時点のAISが提供している5Gパッケージです。

最安値のパッケージは699THB~

月額699バーツで50GBのパッケージが出ているようで、これが現状一番安いパッケージでAIS間通話が24時間無料となっています。AIS以外宛へのの通話が50minと少ないのが気になりますがデータメインで使いたいという人はこのパッケージでもいいかもしれません。
AIS WiFiも無制限で使えるので、外でお子さんに動画を見せたいというお母さんはAIS WiFiがあるところであれば気にせず使えますね。

5Gを満喫したいならデータUnlimitedがおススメ!

データ通信を気にせず使いたいという方におススメなのがデータUnlimnitedのパッケージでしょう。
1,199THBからプランがあります。個人的にはUnlimitedのプランはデータ通信を気にせず使えるので良いと思います。
金額の違いは無料通話分数が増えるのとFreeSIMという項目の無料で50GB通信が出来るSIMカードが付いてくる点でしょうか。

5Gは速度が速い分、気付いたら大量のデータを使っているという場合も多いので無制限プランを選ぶのがおススメです!

端末はどうする?

今まだ5G対応端末を購入していないという方は慌てて5G対応のスマホに機種変更する必要はないと思います。どうしても5G端末に変えたいという人以外は来年以降さらに5Gの端末ラインナップが増え、価格帯も出そろってくるのでそのタイミングで機種変更で良いでしょう。

5G端末を買うのであれば、個人的にはiPhone12シリーズのタイでの発売を待って5G端末に切り替える事をおススメします。

iPhone12シリーズをおススメする理由

iPhone12シリーズをおススメする理由を簡単にご紹介します。

5Gに対応しているだけでなく、eSIMにも対応!

5Gに対応しているのは当然ですが、eSIMに対応しているのがかなりメリットが大きいと思います。
日本でも総務省がeSIMを普及させると言っており、日本でもeSIMの選択肢が増えてくると思います。

そうすると日本への一時帰国の際に旅行者向けのeSIMを使う事も可能だと思いますし、何よりタイのキャリアAISが出している SIM2FlyがeSIMに対応しているのでアジアを旅行する場合にはSIM2Flyのアジア版をeSIMで購入して使う事が出来るでしょう。

また、本帰国になった際にも日本のキャリアのeSIMを来店不要で契約出来るのですぐにスマホの契約が出来るようになり便利です。

5GがいらないならiPhone SEがおススメ!

別にそんなにデータを使わないという人は5Gプランにそこまで魅力を感じないと思います。
わざわざ高い端末を購入するるのも、、、という人はiPhoneSEが良いでしょう。

iPhone SEにはeSIMが搭載されていて価格も安いです。先述したeSIMの便利さを使う事が出来る安い端末でタイ国内で購入可能なのはiPhoneSEだけです。

さいごに

タイでの5Gの状況をお伝えしましたが、バンコクやシラチャ・パタヤなどの一部地域ではかなり使える地域が広がっており、プランの価格もそこまで高くはないのでそろそろ5Gプランに変えようかな?という人は端末とプランの変更を検討してみても良いと思います。

2021年は「5G」と並んで「eSIM」の普及も一気に進み、5G対応のeSIM対応端末を持っている人がより便利で快適な通信環境を利用可能になると思います。

「5G」と「eSIM」に今後も注目していきたいと思います。

コメント