次にスマホを買うならeSIM搭載端末がおススメの理由!

スマホ・通信・アプリ

最近も新しく発売されている端末は色々ありますが、個人的には次にスマホを買い替えるのであれば、eSIM搭載端末をおススメします!

eSIMと言うと、使った事が無い人は少々難しそうな印象を持たれると思いますが、使い方もかなり簡単で色んな場面で使えたり、緊急時にも役立ちます。

そんなeSIM搭載端末のおススメポイントをご紹介いたします!

eSIMって何?という方はまず、以下の記事を読んでみてください。





メインで使うSIMは物理SIMがおススメ!

まず、eSIM搭載端末は、一部の「Rakuten Mini」のようなeSIMのみが使えるものもありますが、基本的にはiPhoneの用に物理SIM1+eSIM1のような形でどんなに少なくても2枚のSIMを利用する事が出来ます。

そこで普段使うSIMカードを「物理SIM」にするか「eSIM」にするか悩む方もいると思いますが、個人的にはメインで使うSIMは物理SIMがおススメです。

理由1:端末故障時にも安心

端末が故障した場合、メインで使うSIMをeSIMにしていると、eSIM搭載の端末を急遽用意する必要が出てきます。メインを物理SIMにしておけば以前使っていたeSIMに対応していない端末に入れてとりあえず使う事が出来るので安心です。

理由2:旅先で使うSIMをeSIMで使える

eSIMを使うメインの機会は海外出張という方が多いと思います。空港でプリペイドSIMを購入して物理SIMに挿す事もできますが、空港でブースに並んでSIMカードを購入するのはかなり面倒です。eSIMであれば、事前にSIM2FLYを購入して現地に到着してから使用開始する事が可能です。

eSIMはこんな時に役立つ!

メインのSIMは物理SIMを使うのであれば、eSIMはどんな時に役立つのでしょうか?

では、eSIMが役立つタイミングをご紹介いたします!

急な出張や一時帰国にも安心!

最近はプリペイドタイプのeSIMをオンラインで購入できるサービスも増えてきています。オンラインであれば店頭で購入する必要もなく、緊急時にもすぐに入手する事が出来るので是非、よく使うeSIMのオンラインでの購入方法をチェックしておくと良いと思います。

通話とデータでプランを分ける事が可能。

タイの場合、通話とデータのパッケージを分けて契約する事によるコストメリットはほとんどないですが、例えば普段子供に持たせるプランを音声のみにしておいて、長期休暇や日本への帰国の時だけeSIMでデータ通信を使わせるような事も可能です。

急なデータの増量が可能。

今回の自宅勤務でもeSIM対応端末を支給している会社では、eSIMで無制限のデータプランを全員に支給して、「レンタルWiFi」を使うことなくコストを抑えて自宅でのネット環境を全社員に準備する事が可能でした。

プライベートで言うと、引っ越した先のWiFiが安定しないような場合にも、WiFi環境を整えるまでの間eSIMを使いというような使い方が可能です。

上記のような急遽な対応をする際にも別に端末を購入する必要がありません!

eSIM搭載のおススメスマホ

現在、タイで販売されているeSIM対応端末でおススメの端末をご紹介いたします!

iPhone SE (第2世代)

eSIM搭載端末で現状、一番おススメなのはやはりiPhone SEでしょう!低価格で性能が悪くないeSIM端末と言えばこの端末でしょう。次のiPhone12が発売される前に機種変更や端末購入を検討している方はiPhone SE (第2世代)で決まりです!

Samsung Galaxy S20 Ultra 5G

5Gも使えて、eSIMも使える端末です。この2つが使える端末は現状そこまで多くないありません。写真機能も優れており、AndroidでハイスペックなeSIM対応端末を探している人はこの端末で決まりです!

Androidの選択肢はまだ少ない

「Google Pixel 4」や「Rakuten Mini」はタイ国内では販売されていないので、Android端末でeSIMに対応している端末の選択肢はまだ少ないです。

もう少し安い端末にも搭載されてくると、さらにeSIMが普及すると思うのですが、今後の流れに期待したいですね。

あとは、次のiPhone12も要チェックです!

コメント