eSIMって何? とよく聞かれるので、分かりやすく説明します。クラウドSIMとの違いも!

スマホ・通信・アプリ




最近のiPhoneは基本的にeSIM搭載!

今回発売された新型のiPhoneSE(第2世代)にもeSIMが搭載されており、DualSIMスマホとして使う事が出来る。
iPhoneに関しては、 XS、XR 以降の機種にはeSIMは搭載され、物理SIMスロット+eSIMを使って通信を行う事が可能です。もちろん物理SIMを使わずにeSIMのみで使う事も可能です。

ただ、実際に使った事がある人は少ないのではないでしょうか?そんなeSIMについて今回は分かりやすく説明いたします。

そもそもeSIMって何?

では、eSIMとは何なのでしょうか?eSIMの「e」はembeddedの略でつまり、埋め込まれたSIMカードという事です。スマホ本体に内蔵されているSIMカードと考えればOKです!

eSIMは今までのSIMカードと何が違う?

今までの物理SIMには電話番号やキャリアの情報などが記録されていて、その情報を基に契約しているプランでSIMカードを使った通信を行う事が出来ます。

ただ、従来型のSIMカードに記録されている電話番号やキャリアの情報はSIMカードの情報の変更や上書きを行う事が出来ない為、電話番号を変更する際や携帯キャリアを変更する際には、新しいSIMカードに変更する必要がありました。

それがeSIMの場合、内臓されたSIMカードに情報を書き込んでSIMカードの情報を登録・変更する事が可能なのです。

これにより、来店不要・SIMの受け取り不要で通信パッケージを購入する事が可能になりました。例えば今まで海外に行く際にはPocket WiFiを借りたり、現地でSIMカードを調達していたところを、eSIMで必要な時だけ通信パッケージを購入できるのです。

タイでもeSIM使えるの?

タイでもすでにeSIMを使う事が可能です。以下にAISのeSIMページをご紹介いたしますので一度見てみてください。

・AISでも提供しています!

タイのシェアNo.1キャリアのAISでもすでにeSIMサービスを提供しております。すでに電話番号を持っている人はその番号をeSIMに変更して利用できます。

また、AISが提供し、アジア周遊SIMとして圧倒的なコスパを誇っているSIM2FlyもすでにeSIMで提供されています。

≫ eSIM版 SIM2Flyの詳細はコチラ

eSIMとクラウドSIMってどう違う?

・クラウドSIM…uCloudlink社が開発した独自サービスで、「クラウドSIM搭載端末」を購入することで、クラウド上で管理しているSIMカードを使う事が可能です。大手メーカーが販売している端末でクラウドSIM搭載端末は無いので端末は選べません。

・eSIM…eSIM搭載端末に、自分で選んだeSIMのプランを購入し適用が出来ます。iPhoneXR/XS以降の端末にはeSIMが搭載されているのでiPhoneユーザーにはかなりメリットがあります。

クラウドSIMのメリット

クラウドSIMのメリットとしては、キャリアの障害やカバレッジによる影響を受け難い点が挙げられるでしょう。例えばeSIMの場合、「A社」のSIMを使う事が出来ますが、使える範囲である「カバレッジ」の中でのみ使う事が出来ます。また、A社で障害が発生した場合には通信が行えないという可能性もあります。

それが、クラウドSIMの場合は1つの国に複数キャリアのSIMカードが適用されている場合が多く、「A社」より「B社」の方が電波が強い状況であれば「B社」のSIMを適用するという事が可能です。同様に「A社」で障害が発生しているので「B社」のSIMを適用するという設定が自動でシステムが判断してくれます。

クラウドSIMを検討するならWiFiタイプがおススメ!

クラウドSIM搭載端末には大きく分けて、「スマートフォンタイプ」と「モバイルWiFiタイプ」があります。

スマートフォンタイプですが、スマートフォンはROMやRAM・CPUのスペックにより1~2年経過すると使い物にならなくなる可能性があるので、個人的にクラウドSIM搭載端末を検討するのであれば、「モバイルWiFiタイプ」一択です!

やっぱりスマホはデザインやブランド、あとカメラ性能で良いスマホを使いたいですよね!

最後に

今回はeSIMの説明とクラウドSIMとの違いをご説明しましたが、eSIMもクラウドSIMも海外出張や海外赴任を快適にするアイテムですので、サービスの特性をよく理解して使うようにしましょう!

コメント