独自ドメインを取ってみまし た。かかった費用や メリットは?

広告・ビジネス




独自ドメインを取得するメリットは?

メリット1:SEOの効果がある。
アクセス数を稼ぐ上でSEOは切っても切り離せないでしょう。

ドメインとSEOの評価は結びついており、私が取得したbokunotebook.comというドメインは使っているサービスが終了してもドメインとしての評価は残る為、他のサービスに乗り換えた後も積み上げてきた結果が無駄にならないというメリットがあります。

例えば、bokunotebook.(使っているサービス名.com)というドメインでブログを運用していた場合、サービスが提供終了になると、同じドメインを使う事が出来なくなり、また0から積み上げる必要が出てきてしまいます。
なので、アフィリエイトやアドセンスで稼ごうと思っている方は独自ドメインを取得しておく方が安心です。


メリット2:同一ドメイン名のサイトから検索結果に通常2件までという仕様
Googleは同一サイトから3件以上のページが検索結果に表示されないような仕様にしている為、同じサービスを使うユーザーが強い場合、SEO的に不利な状況になってしまいます。


独自ドメインであれば上記の制限を受けることなく継続していけば次第とドメインの評価があがり、上位に表示されるようになっていきます。


メリット3:信頼を得られる
企業や店舗のブログでもある程度大きな規模の会社になれば独自ドメインで運用をしていると思います。独自ドメインを取得すると、そのドメインでメールアドレスを取得する事が可能になります。


例えば、名刺交換をした際にメールアドレスが、yahoo.co.jpやGmail.comのようなフリーメールアドレスだと不安になると思います。


フリーメールを使っていると怪しいという訳ではないですが、独自ドメインの取得が信頼感に繋がる事は間違いないでしょう。

独自ドメインを所得するには

独自ドメインを所得するには、ドメインを販売しているサイトから直接購入するかたが多いと思います。独自ドメインを販売しているサイトで有名どころでいうと、お名前.comだと思います。

お名前.com

次に独自ドメインの所得条件などを以下にてご紹介いたします。一般の人が取得不可能なドメインもあるので注意が必要です。

・co.jp:株式会社や有限会社などの日本国内の企業が登録可能なドメイン。

・or.jp:財団法人や社団法人などの特定の法人組織が登録可能なドメインです。

・ac.jp:大学、高校学校法人などの学校が登録可能なドメインです。

・go.jp:日本国の政府機関や省庁などが登録可能なドメインです。


上記のように取得条件があるドメインの場合には、取得できない場合もあると思いますので、所得条件に気を付けてください。

ドメイン取得にかかる費用は?

ドメインの所得にかかる費用は基本的には、ドメインによって料金が変わってきます。

先程ご紹介したお名前.comにてどんなイメージかご説明します。

上記が、お名前.comのTOPページなのですが、中央の「取得希望の文字列を入力」にし取得を希望するドメインの文字列を入力してみましょう。下記にjapanで検索した結果を掲載します。

現状では、このjapan.○○という形で取得できるドメインは無いようです。次に適当な文字列で検索してみます。

takoyakingであれば低価格で取得可能なドメインがいくつか出てきますね。

例えば、takoyaking.workを1年登録するのにかかる費用は1円です。ただ、1年登録の場合には、次の更新からも1円というわけではないので注意が必要です。

最後に

基本的には、プライベートでブログを楽しむくらいであれば特に独自ドメインが必要と言う訳ではないので、ご自身の用途に合わせて独自ドメインの取得を検討されると良いと思います。

私はXserveでレンタルサーバーを借りる際に、ドメインとWordPress初期設定をセットで申し込んだのでかなり楽に設定する事が出来ました。

コメント