久しぶりの店内飲食ランチ、やっぱりオフィスよりお店で食べるのが快適!

タイ生活・タイ情報

店内飲食禁止でランチ難民に

バンコクでは5月1日からの新型コロナ感染拡大防止のため、店内での飲食が禁止され、在宅ワークの日はまだ良いのですが、出社時にお昼ご飯を食べるお店が無く、食べるのであればテイクアウトかデリバリーをして会社で食べるしかなくなりました。

休業しているお店自体はそこまで多くはない印象でしたが、店内で食べれないのはかなり痛手で、お昼時になるとオフィスにタイ料理の匂いが漂い集中できない環境に、、、。

結局、5月1日の制限開始から出社時にはお昼ご飯を食べない日が続いていました。

5月17日から店内飲食が解禁

そんな店内飲食禁止も5月16日で終わり、本日5月17日からは店内飲食が解禁されました。
定員25%を上限とする点や、店内飲食は9時まで、店内飲酒は禁止などまだまだ制限はありますが、ランチタイムはかなり助かります。

出社日だったので久しぶりに外でランチ

5月17日は出社日で外出していたので、久しぶりに外でランチを食べる事にしました。

丁度オンヌットに近い場所にいたので、Century The Movie Plaza OnNut内にあるリンガーハットに立ち寄ったのですが、店内はほとんど人がいない状況でした。

席には衝立と、着席禁止の場所にはシールが貼られており、感染予防対策がしっかり行われていました。

チャンポンとミニチャーハンのセットを注文、サクッと食べて退店しましたが、他のお店も客席はあまり埋まっていない状況でしたが、デリバリーの人が多いお店もあったので昼ご飯はデリバリーで注文が定着しているのかも知れないですね。

久しぶりの外でのランチでしたが、洗い物もゴミも出ないのでやはり外食は楽ですね。
今後どのようになっていくのかは分かりませんが、外食産業には頑張って欲しいです。

さいごに

私もデリバリー生活にすっかり慣れてしまいましたが、やはり外食は片づけを何もしなくていいのでかなり快適で良いですね。

また、オフィスで食べるのと違って、気分もリフレッシュ出来ました!