[プレスリリース]JCB、タイの決済事業者GBPと提携し、同国におけるEC加盟店を拡大

広告・ビジネス

JCB、タイの決済事業者Global Prime Corporation Company Limitedと提携し、同国におけるEC加盟店を拡大

日本発唯一の国際カードブランド運営会社である株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役会長兼執行役員社長:浜川 一郎)の海外業務を行う子会社、株式会社ジェーシービー・インターナショナル(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子 佳喜)(以下、JCB)は、タイの決済事業者Global Prime Corporation Company Limited(本社:バンコク、代表者:Patchara Lewchalermwong、以下、GBP)と、同社傘下の加盟店でのJCBカードの取り扱い開始について合意し、2021年4月27日(火)よりJCBカードの取り扱いを開始しました。

GBPは、2017年に設立したPSP(Payment Service Provider)であり、旅行代理店やホテル、eコマースなど幅広い業種にオンライン決済サービスを提供しています。タイにおける中小規模の企業やFintech 企業に対し、より簡易に決済ソリューションを提供することで加盟店網を拡大しています。

この度の提携は、コロナ影響による急速なEC市場の拡大を受けてEC加盟店の拡大を図りたいJCBと、国際ブランドJCBの取り扱いによりお客様の利便性向上を図りたいGBPの意向が一致し、実現しました。

おかげさまでJCBは創立60周年を迎えました。これからも、「おもてなしの心」「きめ細かな心づかい」でお客様一人ひとりのご期待に応えていきます。そして「便利だ」「頼れる」「持っていてよかった」と思っていただける、お客様にとっての世界にひとつをめざし続けます。

>PDFでプレスリリースを確認

最後に

タイの決済事業者であるGBPと、その加盟店でのJCBカードの取扱が開始され、保険や映画館、ファーストフードなどでの取り扱いが開始されたとの事で今後どういう広がりを見せてくるのか注目して行きましょう。

あとは、まだまだタイでは使えないお店も多いので、ECだけでなく街中でももっと加盟店を増やして欲しいですね。