議会中のスマホいじりを可視化するAIツールがサボり議員を検出!

広告・ビジネス

AIツール「the Flemish Scrollers」で議会をチェック!

the Flemish Scrollers

ベルギーのデジタルアーティストが開発したAIツール「the Flemish Scrollers」が話題に上がっていたのでご紹介します。

このAIツール 「the Flemish Scrollers」 は機械学習と顔認証技術を用いて議会を監視し、スマホをいじっている議員を検知するとTwitterとInstagramに投稿する仕組みになっています。

上記の写真は実際に7月20日にYoutubeで配信されていたベルギーのフランダース州の議会で 「the Flemish Scrollers」 を使った結果の写真です。

機械学習と顔認証機能を活用

このツールは機械学習機能により、手元のスマホを検知しているとの事です。スマホには反応してタブレットに反応していないように見えるのはそういう事なのでしょう。

また、顔認証機能により公式サイトの情報から政治家の顔を特定しているとの事です。また、Youtube上のアーカイブなどで学習を繰り返し精度の向上を行っているようです。

是非日本の国会にも導入して欲しい

現状は顔認識を使用しベルギーの政治家を識別しているので、他の国での利用はできませんが、是非オープンソース化して日本の議会でも利用できるようにしてほしいですね。

日本の国会でも審議中に、議員が小説などを読んだり、スマホでネットサーフィン、動画閲覧をしているのが時々ニュースになりますが、常にこのシステムで監視をしてさぼっている議員の情報を配信して欲しいですね。

さいごに

居眠りやその他よくあるサボり行為を検出できるようにアップデートして、世界中の議会を監視するようになったら面白いですね。

自動でSNSに投稿されてしまうので、政治家も監視されているという意識でまじめに審議を行うようになるのではないでしょうか。