共同購入型越境ECサービス「DOUZO」はタイ人に流行るか?

広告・ビジネス
公式サイト:https://corp.douzo.me/

共同購入型越境ECサービス「DOUZO」

今回、DOUZOというサービスを始めて知ったのですが、日本の商品を共同購入可能な越境ECサービスのようです。以前はお土産代行プラットフォームとしてサービス展開していたものの、新型コロナの影響で新サービスの共同購入型越境ECサービスに切り替えてサービス開始したとの事です。

共同購入型は購入者が多いほど価格を安く購入する事が可能ですが、タイ人にこのサービスが刺さるのか気になるところです。

DOUZOのコンセプト

“良いモノ”に当たり前に手が届く時代を創る
DOUZOは、日本の良い商品を海外の消費者へお得にお届けする共同購入型越境ECです。
消費者たちが共同で商品を購入することで、安価での商品供給が可能となっています。

≫株式会社douzo公式WEBサイト

普段タイで生活していて、日本から買いたいと思うものはそこまでないのでどんな商品があるのかアプリをダウンロードしてチェックしてみました。どんな商品が並んでいるのでしょうか。

基本的にアプリはタイ語のみの対応でタイ人のみをターゲットにしているようです。

DOUZOは良いサービスなのか調べてみた

DOUZOは「安く」「タイにない物」を購入できないと成功することは難しいと思うので、この2点に絞って調べてみました。

価格比較

まずはいくつかの商品をLazadaと比較してみようと思います。
Lazadaより安く購入できるのであれば、DOUZOを使う動機になるでしょう。

Nintendo Switch Pro Controller Splatoon 2

まず、適当に選んだ商品の「Nintendo Switch Pro Controller Splatoon 2」に関してはLazadaにも複数店舗で出品されており価格はLazadaの方が1,000THBほど安いという結果になりました。

JBL CHARGE4 Bluetooth Speaker

こちらはJBL公式Lazadaショップとの価格比較ですが、DOUZOの方が安いという結果になりました。共同購入者が増えればさらにディスカウントを得られるのでさらにお得に購入できる可能性があります。

Aladdin Toaster

こちらの商品もDOUZOの方が安いという結果になりました。
こちらも共同購入でさらに安くなる可能性がありそうです。

3つの商品を比較しましたが、DOUZOの2勝1敗となりました。購入前に比較してみて購入すると良いかもしれません。もう少しDOUZOユーザーが増えればすでに購入者がいてお得な商品も増えてくるのかもしれません。

タイにない物は売られているか?

まず、アプリのUXがまだ洗練されておらず、導線設計が分かりにくく商品を探しにくいのであまり探せませんでしたが、商品の数でいうとまだあまり多くなく、タイで買えないものはあまりなさそうな印象でした。

もう少しUXを改善して、DOUZOでしか買えない商品が増えてくると盛り上がってくるかもしれないですね。

さいごに

タイでも以前、クーポンの共同購入サービスはタイ人に人気が出ていた記憶があるので、うまくマーケティングをして低価格で提供できればサービス利用者は増加しそうな気がしますね。

是非タイで成功し、アジアに広がるように頑張ってほしいと思います!