Cookie(クッキー)使用の同意の表示が増加している。これって何?

広告・ビジネス

Cookie使用の同意の表示が増える

数年前から徐々にWEBサイトなどでCookie使用の同意の表示が増えてきていましたが、最近はタイの多くのサイトでも表示されてきており、ほとんどのサイトで表示されるようになってきていると思います。

このCookie使用の同意とは何なのでしょうか?
今回はCookieの同意について色々ご説明します。

Cookie(クッキー)ってなに?

そもそもCookie(クッキー)とは何かというと、WEBサイトへのアクセスを行った際にWEBサイトを訪問した情報をデバイスに残しておくデータのことを指します。

ログインページにログインに必要な情報が残っていたり、ECサイトでカートに入れたものが次に訪問した際に残っていたりとWEBサイトを快適に使うためにも役立ちます。

よく使うサイトでは特にCookieが役に立ちます。またCookie自体は無害でウイルスやマルウェアを運ぶこともないですし、使用することで危険という事はありません。

問題視されているのは

一般的に問題になりえるのは、「トラッキングCookie」と呼ばれるCookieの一種でWEBサイトでユーザーの行動を追跡し続け、追跡したデータを使って閲覧履歴プロファイルを作成し、ユーザーにターゲティング広告を仕掛けます。

これがプライバシーの問題として挙げられます。

ではなぜこのCookie使用の同意の表示が増えたのかを見ていきましょう。

なぜCookie使用の同意の表示が増えた?

近年WEBサイトでCookie使用の同意が求められるのはEUで2018年に施行されたGDPR(EU一般データ保護規則)の中にCookieの利用に同意を求めるという内容が含まれていたためです。

GDPR(EU一般データ保護規則)は個人情報を保護することを目的とした法律なのですが、CookieやIPアドレスなどのオンライン識別子も個人情報の対象としています。

タイのPDPA(個人情報保護法)はGDPRをベースに作成

タイでも数年前から施行が延期されているPDPAですが、これはEUのGDPRをベースに作られており、Cookieに関して「利用の明確な根拠の明示」「Cookie使用の同意」が必要と定められており、これによりタイ国内の企業WEBサイトでCookie使用の同意の表示が増えています。

タイ政府はPDPAの完全履行について、2022年5月31日に延期されたので約1年間の猶予があります。

企業のWEBサイトは今後Cookie使用の同意が基本になってくると思います。

さいごに

個人ブログでもアナリティクスを使っているサイトが多いので、基本的にはCookie使用の同意の設定をする必要が出てくるのでしょうか。そこまで設定は難しくないので設定してみようと思います。

ただ、Cookie使用の同意のポップアップはサイトを見ているときに結構邪魔ですよね。

ただ、トラッキング広告に使われなくなるのでいいですね。