布マスク?使い捨てマスク?どちらが良いのか調べてみた。

タイ生活・タイ情報




タイでのユニクロのエアリズム マスクの販売開始!

タイのユニクロで「エアリズム マスク」が発売が開始され、購入した人も多いと思います。

付け心地が良く、マスクとしての性能も高く洗って繰り返し使えると日本でも大人気だったようです。
タイは暑いのでこのエアリズムマスクの人気が出そうな気がしますね。

価格は3枚で390バーツと1枚当たりの金額はそこまで高くないと思います。
ただ、個人的にはどうも布マスクは苦手で、使い捨てマスクを今でも愛用しています。

ただ布マスクの方が色々メリットがあると言われているので少し調べてみました。

メリット1 : 何度も洗って使えるのでエコ

布マスクを使っている方に聞くと一番に出てくるのがエコだというポイントです。

使い捨てマスクはポリプロピレンやポリエチレンなどが使われている事が多くエコバックを使っていて使い捨てマスクを使うのは矛盾しているという人もいました。

エアリズムマスクの場合、10回以上洗っても型崩れせず綺麗なようです。

地球の環境を考えると使い捨てマスクは微妙なようですね。

メリット2 : 肌に優しく、肌荒れしにくい

先程も記載した通り、使い捨てマスクはポリプロピレンなどの科学繊維を使っているので肌荒れしやすいという事です。

私は特に肌荒れしていないですが、肌が弱い人は避けた方が良いという意見で、布マスクでコットンやシルクなどの天然素材で出来ている物を使うのがベストとの事でした。

ちなみにエアリズム マスクの素材は以下の通りです。

表生地ポリエステル 75% / ポリウレタン 13% / キュプラ 12%
裏生地ナイロン 59% / キュプラ 31% / ポリウレタン10%
フィルターポリプロピレン

ポリプロピレンもポリエステルも入っていて、がっつり科学繊維なんですね。
使い捨てマスクで肌荒れする方はエアリズム マスクは避けた方が良いかもしれません。

メリット3 : 通気性抜群

布マスクの方が不織布の使い捨てマスクに比べて通気性が良いそうです。
マスクで通気性良いって意味あるの?とも思いますが眼鏡をかけている人はメガネが曇りにくいというメリットがあるようです。

使い捨てマスクに比べて呼吸がしやすいから布マスクを使っている人も多いようです。
これも素材によるとは思いますが、タイは基本的に常に暑いのでお子様は特に通気性の良い布マスクを選ぶと良いかもしれません。

メリット4 : デザインが豊富

さらに布マスクは様々なデザインが用意されており、Narayaで見たときは結構派手な柄が複数用意されていました。

今後はマスクもファッションの一部として見られるようになるかもしれないですね。

ファッションの一部としてマスクを楽しむ時代が来るかもしれません。

布マスクのデメリットも調べてみた。

色々メリットがある事は分かりましたが、次にデメリットを調べてみたのでご紹介します。

マスクとしての効果が低い

綿や絹で出来ている布マスクは不織布の使い捨てマスクに比べてウイルスをフィルターする能力が低いようです。純粋な効果を求めるのであれば使い捨てマスクの方が良いようです。

衛生面でのデメリット

使い捨てマスクは常に新しいマスクを使う事が出来るので衛生的ですが、布マスクの場合には自宅で選択して使い続けるためどうしても衛生面では使い捨てマスクに勝てません。

さいごに

上記から分かった事は、使い捨てマスクは「遮断性」が高く「衛生的」なのでマスクとしての効果を考えると不織布の使い捨てマスクの方が良いようです。

一方で布マスクは効果は低いようですが、「通気性」が高いのでタイのような暑い場所では快適に使う事ができます。また繰り返し使えるのでエコな商品です。

このマスク生活はまだまだ続きそうなので、快適に生活をするためにそれぞれの商品のメリット・デメリットを考えて自分に合った物を使えば良さそうですね。

コメント