外食回数が増えてフードパンダ利用回数が減ったので、9月までの利用を振り返る。

タイ生活・タイ情報




3月から外食が減少、デリバリーが増加。

タイでは2020年の3月中旬に食品スーパーなど日常生活に欠かせないものを販売している店舗を除き、閉鎖命令が出ましたが、それにより飲食店内の飲食も出来なくなるなど、自炊をしない人にはかなりの影響があったのではないでしょうか。

私も基本的には外食メインで時々デリバリーを使う位でしたが、3月以降はかなりデリバリーの回数が増えたのを記憶しています。

以前4月のフードパンダの利用の増加に関して記事を書きましたが、今回は1月~9月までを振り返ってみようと思います。

以前の記事は以下ですので、興味がある方は見てみてください。

1月~9月までのフードパンダ利用

2020年1月~3月までの利用状況

まずは1月~3月までを振り返ってみます。

1月 2月 3月
฿507.00 ฿548.00 ฿298.00
฿825.00 ฿536.00 ฿165.00
฿558.00 ฿732.00 ฿558.00
฿652.00 ฿353.00 ฿241.00
฿276.00 ฿205.00 ฿407.00
฿221.00 ฿240.00 ฿432.00
฿558.00 ฿558.00 ฿484.00
฿266.00 ฿223.00 ฿215.00
฿437.00 ฿150.00 ฿190.00
฿484.00
฿130.00
฿370.00
฿406.00
฿620.00
฿407.00
฿190.00
฿431.00
฿95.00
฿360.00
利用金額
฿4,300.00 ฿3,545.00 ฿6,483.00
利用回数
9 9 19

1月、2月からコロナに関係なくフードパンダを使っていましたが、利用回数が9件程度でした。
それが3月になると回数が19回と増加し金額もかなり増加しています。3月から外食の回数や外で買ってくる回数が減りデリバリーの利用が増加しているようです。

4月~6月までの利用状況

次に外出自粛やリモートワークが増加した4月・5月を含む3ヵ月を見ていきます。

4月 5月 6月
฿606.00 ฿268.00 ฿235.00
฿318.00 ฿388.00 ฿440.00
฿377.00 ฿539.00 ฿437.00
฿502.00 ฿668.00 ฿150.00
฿663.00 ฿293.00 ฿330.00
฿267.00 ฿406.00 ฿149.00
฿458.00 ฿754.00 ฿428.00
฿390.00 ฿387.00 ฿581.00
฿407.00 ฿660.00
฿505.00 ฿522.00
฿432.00 ฿663.00
฿642.00 ฿336.00
฿577.00 ฿200.00
฿660.00 ฿513.00
฿722.00 ฿439.00
฿100.00 ฿248.00
฿360.00 ฿227.00
฿385.00 ฿557.00
฿293.00
฿90.00
฿385.00
利用金額
฿8,371.00 ฿8,836.00 ฿2,750.00
利用回数
18 21 8

4月・5月は予想の通り多く、5月が件数・金額ともに一番多い時期となりました。
一方で6月からは一気に件数が減少しており、ここから外食が一気に増加していました。
使っているのも週末のランチくらいで、夕食はほぼフードパンダを使わなくなっています。

7月~9月までの利用状況

最後に、国境を除けば普通の生活に戻ってきた7月~9月までの3ヵ月を見ていきます。

7月 8月 9月
฿458.00 ฿1,040.00 ฿639.00
฿184.00 ฿330.00 ฿273.00
฿349.00 ฿299.00 ฿535.00
฿560.00 ฿548.00 ฿538.00
฿467.00 ฿295.00 ฿560.00
฿378.00 ฿728.00 ฿470.00
฿268.00 ฿225.00 ฿175.00
฿349.00 ฿497.00 ฿99.00
฿908.00 ฿295.00
฿433.00 ฿560.00
฿228.00
利用金額
฿4,354.00 ฿3,962.00 ฿4,372.00
利用回数
10 8 11

6月からはフードパンダ利用数は通常時に戻ってきており、金額もコロナ前の金額に戻ってきています。

フードパンダの方が食費を抑えられる。

今回デリバリー利用に関する数字を見て思ったのですが、外食よりフードパンダの方が食費を押さえられるようです。普段外食をすると1,000THBは簡単に飛んでいきますが、フードパンダで1,000THBを超えたのは9ヵ月間で1回だけとなりました。

理由としては、「お酒を注文しない」「お得なプロモーションを頼む」という点が大きいかなと思います。あと移動の交通費もかからないのでフードパンダを使っていた時の方が食費が安くなっています。

さいごに

フードパンダは便利なサービスなので、コロナが落ち着いてきてもずっと使い続けるだろうなと思っていましたが、実際は利用回数や金額はコロナ前に戻っただけとなりました。

フードパンダはタイ全国77県を網羅する計画のようですが、コロナが落ち着いてきたこれからどの程度事業を拡大出来るのか注目ですね。

コメント