タイで英語を使う時はどんな時?タイ移住している方は参考程度に見てください。

タイ生活・タイ情報

タイに限らず、海外移住を計画している人にとって、言葉でのコミュニケーションはかなり重要だと感じるでしょう。ご存じの通りタイの公用語はタイ語です。

行きなりタイ語を話すのはレベルが高いので当面生活をする上で、英語でコミュニケーションを取りながらタイ語を勉強しようと思っている人は多いと思います。

タイでの生活においてどの程度英語が必要か、または通じるかをご紹介します。





観光客向けに英語は必須なので

観光産業タイ経済の大きな推進力となっており、タイの観光地やバンコクでは、海外からの観光客を受け入れる為に、多くのお店で英語を話せるスタッフがいます。

地方に行くと全く英語が通じなかったという経験もありますが、観光客が多く訪れている場所での英語でのコミュニケーションは問題ないでしょう。

ただ、バンコクでもタイ人のみをターゲットとしているお店では、英語を話せるスタッフがいない場合もごくまれにあります。

英語は良いけど日本語はどう?

英語は結構通じるとして、日本語は通じるでしょうか?結果から言うと日本語は全くと言っていいほど通じないと思った方が良いでしょう。

時々、マッサージ中に日本語で話しかけられることもありますが、単語だけを覚えているようなイメージです。日本食飲食店に行っても日本語を使いこなしているスタッフがいる事は稀です。

ただ、日本語を勉強している人もいるので、BTSやショッピングモール、レストランなどで下品な会話をしている方はホテルか仲間内だけの場所での会話に留めておきましょう。

どのくらいの英語レベルが必要?

では、英語レベルがどのくらい必要かですが、日系サービスを使うのであれば、ほとんど英語を話すことなく生活する事も可能です。

駐在員やその奥さんに話を聞くと、最初はタイ語も分からないので日本語サービスを利用して生活をスムーズにスタートさせて、段々タイ語や英語を使えるようになってくると、金額の安いローカルのサービスに切換えるという方がかなり多くいました。

最初は安心をお金で買って、慣れたらコストを意識するというイメージですね。英語やタイ語が話せないという人はこの方法が一番良いと思います。

1年を振り返って、どんな時に英語を使ったか。

直近の1年間でいつ、英語を使ったかな?と考えると、仕事が日系なのでほとんど使わないので、基本的な生活の中で英語を使う時はあまりないですね。どんな時に英語をガッツリ使ったかを書き出してみました。

① Food Pandaで頼んだ物が来なかったとき。

② 通販で買った商品が届かなかったとき。

③ 住んでいる家の水道から水漏れしたとき。

④ 出張のホテルを3泊延泊したとき。

⑤ SCBにクレジットカードを申込に行ったとき。

ぱっと思いつくのは上記の5つです。SCBのクレジットカード発行以外は基本的には「トラブル」や「イレギュラー対応の依頼」です。上記以外は単語で凌げると思います。

また、メールでのやり取りの場合は、英語が苦手な人はGoogle翻訳を利用すると良いと思います。また、クレジットカードに関してもSCBなので英語を使いましたが、カシコン銀行や、バンコク銀行、アユタヤ銀行は日本語サポートデスクがある店舗があるので、そういった場所を選べばいいと思います。

色んな場所にある日本人コミュニティー

バンコクはもちろん、チェンマイ、チョンブリ、プーケットなどにも日本人のコミュニティーがあるので、言葉が不安な場合にはそういったコミュニティーに参加して、そこから情報を入手するのも良いでしょう。分からない事を直接聞ける友人はいた方が安心です。

また、特にバンコクはブログ記事や情報誌のWEBサイトなどかなりの情報が発信されているので、気になるところを新聞の代わりにチェックしておくと良いでしょう。

タイ情報が発信されているサイト

様々なサイトで情報発信されているので、そういったところをいくつか押さえておきましょう。

NewsClip

週刊WiSE

DACO

タイ自由ランド

掲示板サイト

結構荒れている事も多いので、あまりお勧めはしませんが一応掲示板サイトもいくつかあります。

バンコク掲示板

バンコクナビ

びびなびバンコク

まとめ

バンコクであれば、英語やタイ語をほとんど使うことなく生活する事も不可能ではなく情報も簡単に手に入れる事が可能です。

他の地域の場合には多少の英語もしくはタイ語が必要になってくるので、他の地域に移住したい方は、以下のいずれかの方法が良いと思います。

① 日本で移住前にある程度語学を勉強してからくる。

② 一度バンコクに住んでみて、それから地方に引越す。

タイ人は理解しようと頑張ってくれる人が多いので、最初から中学生レベルの英語力があれば何とかなると思います。

コメント