Googleの2020年の急上昇ワード、流行語大賞に東京オリンピック入らず。みんなもう忘れた?

広告・ビジネス

Googleの2020年の急上昇ワード

Googleは、検索されたワードをもとにトレンドを見る事が出来る「Google トレンド」というサービスを提供しているのですが、日本で検索が多かった2020年の急上昇ワードは以下の通りです。

急上昇ランキング
1位 新型コロナウイルス感染症
2位 大統領選挙
3位 緊急事態宣言
4位 鬼滅の刃
5位 あつまれ どうぶつの森
6位 シャープ マスク
7位 台風10号
8位 Go To
9位 ユニクロ マスク
10位 Zoom

やはり、「新型コロナウイルス感染症」と「緊急事態宣言」は伸びましたね。「大統領選挙」が2位に入っているのが意外ですね。そして4位と5位は納得のワードです。

2020年の流行語大賞と比べてみる

以下の10個が2020年の流行後大賞です。本当に流行ったの?というワードがいくつかありますね。

1位 3密
2位 愛の不時着
3位 あつ森(あつまれ どうぶつの森)
4位 アベノマスク
5位 アマビエ
6位 オンライン○○
7位 GoToキャンペーン
8位 鬼滅の刃
9位 ソロキャンプ
10位 フワちゃん

特に10位の「フワちゃん」って、、、、、。そんな物より、「東京オリンピック延期」とか「多目的トイレ」とか他にも、もっと話題になったものがあるとおもうのですが。ちなみに「東京オリンピック延期」は候補にすら上がっていませんでした。

まあ一般企業がやっているランキングなので、色々な思惑や関係者からの要望で決めていると思うので、仕方ないですね。

Googleの2020年の急上昇ワードジャンル別を見てみる。

Googleの2020年急上昇ワードはジャンルごとにも出ているので、調べてみました。

ドラマ部門のランキング

ドラマ
1位 テセウスの船
2位 半沢直樹
3位 エール
4位 恋はつづくよどこまでも
5位 スカーレット
6位 麒麟がくる
7位 MIU404
8位 私たちはどうかしている
9位 私の家政夫ナギサさん
10位 愛の不時着

流行後大賞2位の「愛の不時着」がこちらでは10位とギリギリランクインしています。この「愛の不時着」が選ばれたのは選考委員がこのドラマが好きな人が多かっただけかもしれないですね。

人名部門のランキング

人名
1位 三浦春馬
2位 竹内結子
3位 志村けん
4位 渡部建
5位 芦名星
6位 岡江久美子
7位 伊藤健太郎
8位 伊勢谷友介
9位 木村花
10位 東出昌大

このランキングを見て思いだしましたが、2020年は芸能人の訃報が多かったですね。尚、流行語大賞で10位にランクインしていた「フワちゃん」とやらは入っていないですね。

映画のランキング

映画
1位 「鬼滅の刃」 無限列車編
2位 パラサイト 半地下の家族
3位 となりのトトロ
4位 今日から俺は!!
5位 コンフィデンスマンJP プリンセス編
6位 カイジ ファイナルゲーム
7位 犬鳴村
8位 コクリコ坂から
9位 聲の形
10位 ミッド サマー

こちらは1位は鬼滅の刃となっており、流行語に入っているのも納得の結果となりました。

東京オリンピックみんな興味ないの??

流行語大賞の候補にすら上がっていなかった「東京オリンピック」ですが、みんなもうすでに中心になると思って興味を失っているのでしょうか?

ただ、最近は東京五輪・パラリンピック組織委員会・喜朗会長が炎上商法で盛り上げていますね。
来年は「東京オリンピック中止」「あつまれ失言の森」「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかる」で是非流行語大賞三冠を飾って欲しい物ですね。

さいごに

最近は検索をするときにSNSを使う人も増加傾向にあるようで、YoutubeやTwitterで情報を集める人もおり、Googleでの検索順位だけが正しいという訳ではもちろんないですが、「愛の不時着」や「フワちゃん」のランクインには違和感を感じますね。

来年の森氏の三冠に期待しています。

2021年流行語大賞
1位 東京オリンピック中止
2位 あつまれ失言の森
3位 女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかる