Softbankが20GB/2980円の新料金プラン(?)を発表。2021年3月から提供開始。

スマホ・通信・アプリ

携帯電話大手のソフトバンクが新プランの発表会を行うという事で簡単に発表の内容をご紹介いたします。





LINE MOBILEを吸収合併し新たなブランドを作る

2021年3月よりLINE MOBILEを100%子会社化、吸収合併してソフトバンクのブランドとして提供を行う予定とのこと。

オンライン専用ブランドとして、「Softbank on LINE」を開始するという事です。

Softbankのプランというよりは別ブランドを立ち上げる形になりました。

品質はSoftbankと同じ品質で利用可能という事で、今までLINEモバイルを

新ブランド「Softbank on LINE」

新料金プランという形で発表しておりますが、「Softbank on LINE」というサブブランドを立ち上げたようなイメージになるかと思います。

4G・5G共通プランで2,980円

5Gも使えて、20GB、2,980円とAhamoと金額を合わせた形となりました。
Softbankの通信網を使えるという事ですので、金額はかなり下がったと言えると思います。

LINEはカウントフリー

LINE MOBILEを吸収合併する形になるので、LINE MOBILEの強みであったLINEサービスのカウントフリーを開始するという事です。
Docomoの新プランAhamoは海外で契約している20GBをそのまま使えるという点がポイントでしたが、SoftbankはLINEを使い放題とする事で特徴を出したようです。

申込・サポートはLINEから可能に

申込やサポートはOnlineのみとなるが、普段使っているLINEから申し込みや各種手続きを行えるようになる予定という事で、わざわざWEBサイトに行かなくていいのは便利ですね。

5分以内国内通話無料

これもAhamoと一緒ですね。1回5分まで国内通話が無料になるという事です。
5分以上の通話に関しては別途料金がかかるようですが、今はLINEなどで連絡を行う事が多いと思いますので、国内通話はそこまで重要ではない気がします。

Softbankの3つの選択肢を用意

ソフトバンクが提供する3つのブランドの新プランを発表しました。
今回新たに発表されたブランドはオンラインで手続きが完了する「Softbank on LINE」で、20GBで2,980円/月とDocomoが先日発表した金額に合わせてきたような形です。

発表会の内容によると、以下のような住み分けをしてサービス提供をするようです。

Softbank on LINEは「オンライン専用ブランド」
Y!mobileは「少中容量ブランド」
Softbankは「大容量ブランド」

Y!mobileも進化

2021年2月から「少中容量ブランド」のY!mobileでも5Gが利用可能になるとの事です。
また、上記の通り複数回線利用時のディスカウントも開始するとの事でした。

小容量のプラント5G通信というと一瞬で高速データ容量を使いきれてしまうので、個人的には相性が悪いように思いますが、Y!mobileは実店舗でのサポートがあるという事で、サポートが合って安い物が良いという人には良いかもしれません。

Softbankも値下げ

これがSoftbankが今回発表した実質の新プランと言えるでしょう。

今までの50GBのパッケージよりも安くなり、データ無制限のプランとなるようです。
データ無制限で6,580円という事で金額は高くないと思います。

さいごに

Docomoもオンライン専用プランを出しましたが、Softbankも店舗でのサポートを無くすことで料金を安くする形になりました。

海外でも契約データ容量を使えるDocomoの「ahamo」
LINEをデータカウントフリーで使えるSoftbankの「Softbank on LINE」

海外利用かLINEか自分が使いたいサービスがどちらかという事で変わってくるのかなと思いますが、個人的にはLINEはそこまでデータ容量を使わないので、海外利用時に国内で契約しているデータ容量が使える「ahamo」が良さそうな気がします。

ご自身の用途に合わせてキャリア・プランを選択してみてください。