Google広告って自社で運用できる?まずは基本の部分をご紹介します。

広告・ビジネス




Google広告って何?

Google広告は以前はGoogle AdWordsという名前でしたが、現在はGoogle広告という名前になっているGoogleが提供しているGoogleが提供しているプラットフォームに広告を出稿する事が出来るサービスです。

「リスティング広告」「ディスプレイ広告」「Google動画広告」などの種類があり、予算に合わせた方法で広告を出稿する事が可能です。

広告の運用代行手数料20%程度で代行してもらう事も可能ですが、これを自社で運用する事は可能なのかというと、可能です。個人経営のショップやスモールビジネスを展開している方が少ない費用で開始出来る方法等をご紹介できればと思います。

まずは、広告の種類についてみていきましょう。

リスティング広告について

リスティング広告とは、ユーザーが検索したキーワードに連動して出向している広告が掲載されるタイプの広告です。基本的には広告がクリックされると広告費用が発生します。以下にイメージを貼っておきますので見てみてください。

上記の赤枠はSEOで検索した際に表示されたリスティング広告です。

上記で述べたキーワードとは、事前に設定する事が可能で、○○というキーワードは入った場合に広告を表示するというのが基本の設定です。課金方法に関しては、以下のイメージになります。

・課金方法1-クリック数に応じて費用が発生(Cost Per Click)
ただ、キーワードのクリック単価は入札によるオークション制によっては決定しているため、キーワードによっては単価が高く少ない予算では広告がうまく運用できない可能性があります。

・課金方法2-インプレッション課金(Cost Per Mille)
1,000回の表示回数ごとに料金を課金する方式の為、広告のクリック率が高い場合、クリック課金と比べると広告費を抑えることも可能なので、広告運用状況を把握しながらどういった形で広告を出稿するか検討してみると良いと思います。

ディスプレイ広告について

今回、リスティング広告とディスプレイ広告の項目を分けていますが、ディスプレイ広告もリスティング広告の一種です。

ディスプレイ広告はサイトに画像で表示される広告で、ユーザーの興味・関心などに応じて広告を表示することや、過去にサイトやアプリを利用したことがあるユーザーを対象としたリマーケティングも可能となります。

このディスプレイ広告が表示されるWEBサイトは大手サイトの他にGoogleアドセンスに加入しているサイトにも表示される為、かなりの数のサイトに広告を掲載する事が可能です。

・課金方法1-クリック課金(Cost Per Click)
クリック数に応じて費用が発生する方式。ただ、キーワードのクリック単価は入札によるオークション制によっては決定しているため、キーワードによっては単価が高く少ない予算では広告がうまく運用できない可能性があります。

・課金方法2-インプレッション課金(Cost Per Mille)
1,000回の表示回数ごとに料金を課金する方式の為、広告のクリック率が高い場合、クリック課金と比べると広告費を抑えることも可能なので、広告運用状況を把握しながらどういった形で広告を出稿するか検討してみると良いと思います。

コメント