iPhoneで視力検査できるアプリ「AImirun」を使ってみた、自宅で簡単に簡易測定。

スポンサーリンク
スマホ・通信・アプリ

タイでも健康診断の際に視力検査をしているのですが、ピントを合わせる機械で測定していて結果も良く分からないと思っていました。今回は、アプリで日本でもよくある視力検査が出来る物があったのでご紹介します。

視力測定アプリ AImirun(アイミルン) って何?

AImirun(アイミルン)はロート製薬とアイアイネットが共同開発したスマホで簡単に視力測定が出来るアプリで、無料で利用することが出来ます。

現状はiOS限定のアプリという事で、残念ながらAndroidユーザーは使う事が出来ないようです。
iOSユーザーは以下のリンクからアプリをダウンロードしてください。

AImirun (アイミルン) - 視力測定
AImirun (アイミルン) – 視力測定
開発元:アイアイネット合同会社
無料
posted withアプリーチ

AImirun(アイミルン) を使ってみた。

早速アプリをダウンロードして初期設定を行い、Aimirunで視力測定をしてみました。
簡単な設定から測定までの流れを簡単にご紹介します。

①音声認識の利用を許可


AImirunは「右」「左」「上」「下」などの音声認識で測定を行うのでこの設定はONにしましょう。

②マイクへのアクセスを許可
③通知を許可を設定

通知に関しては、許可しても許可しなくてもどちらでも問題ないと思います。お好きな設定を選択しましょう。

④利用規約を確認して同意

利用規約の内容を確認し、問題なければ同意して始めるを選択してください。

⑤ニックネーム・アイコン・生年月日を選択

ニックネームと・性別・生年月日、アイコンを選択して登録すれば初期設定が完了です。

視力を測定してみる。

初期設定が完了したら、視力測定をしてみましょう。
測る場所は「3m」と「40cm」の2つの距離があるので事前に測定して目印をつけておきましょう。

①3m の位置から測定開始

まず、左の眼を隠して右目の測定から開始します。

音声認識機能を使って、 「右」「左」「上」「下」 など声で回答していきます。
3mだと、ある程度大きい声で回答しないと認識されにくいです。また分からない場合には「分からないボタン」を押す必要があるのでサポートしてくれる人は必須でしょう。

右目の測定が終わったら左目の測定を行い3mの距離での測定は終了です。

②40cm の位置から測定開始

次は距離を40cmに変えて、測定を開始します。
この距離であれば声はそこまで大きくなくても測定できると思います。

こちらも右目・左目の順に測定を行います。

③測定完了

これで測定完了です。このアプリの最高値は1.0までなのでそこまで正確な数値は出ませんが、継続して測定することで視力の変化をチェックすることが出来ます。

簡単に自宅で視力検査が出来るので、興味がある人は試してみてください。

さいごに

タイに来てからこのタイプの視力測定をすることはなくなったので、久しぶりに視力検査をしてみて懐かしかったです。

視力は徐々に変化していくので、定期的にチェックすることにより変化に気づくこと出来るので、週1回や月に1回などの定期的なチェックがおススメです。

このアプリはあくまで簡単に視力を測定するためだけの物なので、異常があった場合には早めに病院に行ってチェックをしてもらいましょう。

タイトルとURLをコピーしました