Windows 11が発表、リリースは2021年後半の予定。

スマホ・通信・アプリ

Windows 11が発表、リリースは2021年後半の予定。

2021年6月25日にMicrosoftがWindows11を開発中と発表し、尚、リリース時期は2021年の後半となり、Windows 11 を動作するために必要な要件を満たしていて互換性のあるWindows10搭載PCに関しては提供開始後にに無料でアップグレードができるとの事です。

尚、Microsoft社のWEBサイト上に記載されているシステムの最小要件は以下の通りです。

プロセッサ1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサ
または System on a Chip (SoC)
メモリ4GB RAM
ストレージ64 GB 以上
グラフィックス カードDirectX 12 互換のグラフィックス / WDDM 2.x
ディスプレイ9インチ以上、HD解像度 (720p)

上記のスペックであれば、多くのWindows10搭載PCはアップグレードの対象になりそうですね。
Windows 11では何が変わるのか見ていきましょう。

PCでAndroidアプリを使用可能になる。

今回の発表でWindows 11搭載PCでAndroidアプリが動作するようになるとの事です。
「Amazonアプリストア」からダウンロード形になるとの事なのですべてのAndroidアプリが使えるというわけではないと思いますが、今まで使えなかった物が使えるようになるのは嬉しいという人も多いでしょう。

UIの改善で洗練されたデザインに

タスクバーやスタートメニューなどのユーザーインタフェースが改善され、シンプルで洗練されたデザインになっている印象です。今回はイメージですが実際にアップグレードして使うのが楽しみです。

興味がある人はMicrosoftのWindows11のコンセプト動画をチェックしてみてください。

その他

Windows Updateの効率向上も特徴で、Windows11はWindows Updateのサイズが小さくなり、効率が向上しているようです。

その他にはブラウザの実行やスリープからの復帰も早くなり、より快適にPCを使うことが可能になるようです。

さいごに

Windows 11に更新しない、または更新できないPCに関しては今後もWindows10を利用可能です。Microsoftによるとサポートは 2025 年 10 月 14 日まで継続するという事なので買い替えまでWindows10を利用するのは問題なさそうです。

無償でUIが改善され快適に使えるようになるという事なので、無償アップグレードの開始が楽しみです。