バンコクの空港発着のタクシーに荷物料金が追加。

旅行・グルメ




バンコクの空港発着タクシー限定?荷物料金。

タイの運輸省が2020年11月17日から、「スワンナプーム空港」と「ドンムアン空港」を発着するタクシーに乗車する際の荷物に追加の料金がかかるようになったと発表しました。

こちらはすでにスタートしているので、スーツケースなどを持って空港に行く際には20THB~100THBの追加料金が請求されるようになっています。

尚、車椅子や松葉杖などの移動を補助する器具は”荷物”にはみなされないようです。

こちらはバンコクで登録されたTaxiで「スワンナプーム空港」と「ドンムアン空港」発着のタクシーのみが対象のようなので他の地方の空港は現状は適用外のようですね。

追加料金に関して

タイの運輸省の発表によると料金は以下のイメージのようです。

価格内容
無料車椅子・松葉杖・杖などの移動に必要なアイテム
トランクに入れる26インチ(66cm)より小さいの荷物の2つ目まで
20THB以下26インチ(66cm)より小さいの荷物の3つ目
20THB以下26インチ(66cm)以上の荷物
100THB以下50インチ(127㎝)以上の大きな荷物

トランクに入れる場合でも26インチ以下の荷物2つまでは無料となり、3つ目以降が20THB以下の料金がかかるようですね。これを見る限り自分で持っているカバンなどは特にカウントされなさそうですね。

また、機内持ち込みサイズのスーツケースは大体一番長い辺が56cm以下だと思いますので、3つ以上載せない限り別途料金がかかる事はなさそうですね。

イメージでいうと66cm以上は20THB、127cm以上は100THBと思っていればいいと思います。
なかなか一辺の長さが127cmを超えるスーツケースは無いと思いますのでスーツケースであれば大きい物でも大体20THBくらいでしょう。

金額は上限設定ありの交渉?

先程ご紹介した金額は上限金額となりタクシーの運転手と乗車時に金額について合意してから荷物を載せる必要があるようです。

この交渉が結構トラブルの原因になるような気もするので、無料or20THBor100THBと決まった金額にしても良いような気もしますね。

空港からタクシーに乗る場合には、空港利用料の50バーツと荷物料金がかかるようなイメージになるんですね。

さいごに

今回別途で荷物料金がかかるようになりましたが、最初はトラブルになりそうな気もしますね。

バンコクの空港からのタクシーはトラブルが多いイメージがあるので、トラブルなく運用できるようにしてほしいと思います。