久しぶりにスマホが水没…Lazadaでチェックして新しいスマホを探してフォーチュンタウンで購入!

久しぶりにスマホを水没

スマホを水没させたのはいつぶりか分からないくらい久しぶりですが、前回はビーチに遊びに行った際に海に水没させてしまったような気がします。

その時は水に浸かった時間も短く、出来る限りの対応をしたので、しばらく復旧に向けて置いておいたところ一応復旧したのを覚えています。

参考までにスマホを水没させた際の基本的な対処法としては以下の通りです。

スマホを水没させてしまったらどうする?

1.電源をOFFにする[電源を入れない]

スマホのデータが消える、電源が入らなくなる一番の原因は「水」が原因のショートです。ショートは電源が入っている時にしか起こらないため、電源がOFFになっていなければすぐにOFFに、OFFになっている場合には電源を決して入れないでください。

2.目に見える水を拭く

iPhoneの外側から見える水滴をまずはふき取りましょう。またふき取る際にはケースや液晶保護フィルムは取り、本体のみの状態にして吹き上げましょう。綿棒があればイヤホンジャックや充電端子部分も丁寧に優しく水分を拭きとってください。

3.SIMカードを抜く

SIMカードの端子も金属の為、錆や傷で使えなくなってしまう可能性があるので、本体の目に見える水分を拭きとった後はSIMカードを抜き取り、SIMカードを優しく傷つかないように拭いてください。
SIMカードだけでも救出しておけば他のスマホに入れてすぐに連絡手段は復活させられます。

4.乾燥剤かお米を入れた袋に入れて保管

外見は濡れていなくても、内部は水没の時に入った水によってショートしやすい状態となっております。内部の水を取り除くために、乾燥剤を入れて乾燥させましょう。タイで乾燥剤が手に入らない時はコンビニなどでお米を購入して袋に入れておきましょう。

5. 修理店に持ち込む

水没してしまった場合、基本的には買い替えをすすめられると思いますが、受けてもらえることを信じてダメ元で修理店に持ち込みましょう。

断られた場合は、完全に水分がなくなるであろう1~2週間後に一か八か電源が入るか試してみると良いと思います。水没の時間が短く内部の損傷が少なければ電源が入る可能性はあります。

今回の水没は復旧不可能でした。

今回の水没は、出張先のホテルで起こったのですが、朝起きてスマホが無いな、と探していたところお湯の張った浴槽に浸かっているスマホを発見しました。

夜お風呂に入って、その頃に水没したとしたら6時間ほどお風呂の中に浸かっていたようで完全にスマホは死んでいました。念のため上記の方法で保管しましたが当然復活することはありませんでした。

水没したのは以前ブログでも紹介したこちらのスマホです。

基本的には社用スマホ+プライベートスマホ+緊急用スマホの3台を常に持っているため、すぐにSIMを入れ替えて連絡は取れる状態になったのですが、1台スマホを追加で購入する必要が出てきました。。。

せっかくなので今回もLazadaでスマホを購入しました。

今回スマホ購入時の目標スペック!

今回急遽スマホを購入する事になったので、とりあえず安い物をと金額は1万バーツ以下で以下のスペックの物を探してみました。

[基本スペック]
・5G対応5G対応スマホ
・RAM4GB以上
・ROM128GB以上
・ディスプレイ6インチ以上
・メインカメラ4000万画素以上
・バッテリーサイズ3000mAh以上

上記の通り、今回5G対応スマホで1万バーツ以下、そして一定のスペック以上というスマホを探してみました。緊急で5Gスマホが必要になった人などは参考にしてみてください。

今回、簡単に調べてみた結果見つかった5G対応の1万バーツ以下のスマホはこんな感じでした。

機種名市場価格
GALAXY A22 5G7,300.00
GALAXY A32 5G8,800.00
GALAXY A42 5G9,680.00
OPPO RENO5 (5G)9,990.00
VIVO Y76 5G8,500.00
Redmi Note 9T 5G6,374.00
Redmi Note 10T 5G7,900.00
Realme 7 5G8,799.00
Realme 8 (5G)8,800.00

上記に挙げたスマホは基本的に目安のスペックをクリアしている物がほとんどです。
機種によって、RAMやROMでいくつかのモデルが用意されているので、低めの物を選べば1万バーツを切ってきます。

この中で最後まで悩んだ3台をご紹介いたします。

候補 1 : GALAXY A42 5G
・RAM8GB
・ROM128GB
・ディスプレイ6.6インチ
・メインカメラ4800万画素
・バッテリーサイズ5000mAh

RAM8GB・ROM128GBでLAZADAでは8,700THB前後で売られていました。
カメラも申し分なしです。低価格・高スペックな1台と言えると思います。
デザインもシンプルで個人的には好きです、この価格でこのスペックのスマホが買えるようになるとはかなりいい時代になりましたね。

候補 2 : Reno 5 5G
・RAM8GB
・ROM128GB
・ディスプレイ6.43インチ
・メインカメラ6400万画素
・バッテリーサイズ4300mAh

OPPOの人気シリーズ「Reno」の5Gモデルも一番安い物は1万バーツを切っています。先ほどのSamsungと比べるとカメラの画素数がアップし、バッテリーサイズは少し小さくなっています。
RAM・ROMは8GB、128GBと十分な性能です。
Lazadaでは9,200THB前後で販売されていました。

候補 3 : Redmi Note 10T 5G
・RAM8GB
・ROM128GB
・ディスプレイ6.5インチ
・メインカメラ4800万画素
・バッテリーサイズ5000mAh

最後の候補がRedmi Note 10T 5Gです。これは以前購入したRedmi 9Tの後継機に当たるモデルで、この3つの候補の中では一番安いモデルになります。
こちらはLazadaでは7,900THB前後の価格帯で販売されていました。こちらもRAMが4GBのモデルもあり、そちらだとさらに低価格でした。

LAZADAではなく、フォーチュンタウンへ

今回LAZADAで購入しなかった理由としては、LAZADAの場合、到着まで数日かかるためすぐに買いたいとLAZADAではなく実店舗で購入する事にしてフォーチュンタウンへ行ってきました。

新品のスマホを買うのであれば特にフォーチュンタウンでなくても近くにある、量販店であればそこまで価格は変わらないので近くで購入するのがおススメです。

今回はMi Shopでスマホを購入しました。

今回は色々見てみましたが、Redmi Note 10Tを購入しました。

さいごに

今回、初めての5Gスマホとなりましたが、かなり通信速度が速くなりました。

まだ4Gスマホを使っている方は、次の機種変更のタイミングで5G対応スマホに変える事をオススメします!

タイトルとURLをコピーしました