TrueとDtacが合併に向けて調整、タイ国内No.1キャリアが変わる?

スポンサーリンク
広告・ビジネス

TrueとDtacが合併に向けて調整中。

ノルウェーの通信大手テレノール(Telenor)が金曜日に声明を出し、タイで展開しているDtac (Total Access Communication)とCP Groupがタイ国内で展開しているTrue( TrueCorporation)の通信事業の統合に向けて進めている事を発表しました。

すでにTrueとDtacはタイ証券取引所(SET)に今回の合併に対して連絡を取っているとの事で、今後、NBTCが(タイ国家放送通信委員会)が独占禁止法やタイの通信業界に与える影響などの調査を進めるとの事です。

この2社の合併が進めばタイ国内シェア52%となり、シェアNo.1となります。

今回の合併が正式に承認されればタイの通信の勢力図が大きく変わるので、注目しています。

テレノール (Telenor) はアジア事業の売却・合併を進めている。

テレノール(Telenor)は 最近アジアの事業の売却が合併を進めています。

ミャンマーの事業売却へ

テレノール (Telenor) はミャンマーで展開しているテレノール・ミャンマーの全株式を売却し、ミャンマーからの撤退の方針を発表していました。ミャンマーでは国軍のクーデーターにより通信制限などが行われ、政府からの通信傍受の要請が行われるなど正常に事業を展開することが難しい状況となっていました。

マレーシアは合併済み

マレーシアでテレノール (Telenor) が49%出資しているマレーシアでのシェア2位のディジ・ドットコムと、シェア3位のセルコムを合併し、新会社「セルコム・ディジ」としてサービスの提供を開始する方向で進んでいる。この統合で、マレーシアでのシェアはNo.1になる。

タイでの5Gのサービス展開が1社出遅れていたDtac

AISとDtacは順調に5Gサービスの提供を開始していますが、Dtacは未だ一部の限られた地域でのみ5Gを提供している状況でした。

3Gから4G、4Gから5Gへとどんどんと新技術が登場し、投資コストは増える一方で月額は低価格が求められていく中で利益が圧迫され携帯通信事業者の環境はかなり厳しいものになってきつつあります。

シェアも徐々に他2社に離されていく中で今回の合併のニュースとなりました。

さいごに

今回の合併が順調に進めばタイ国内のシェアNo.1が変わるのでタイ国内の通信事業の競争がさらに激化しそうな気がしそうですね。

タイトルとURLをコピーしました