タイの携帯電話事情をご紹介いたします

スマホ・通信・アプリ
f:id:yourmobile:20190725153319j:plain




タイの携帯電話事情

日本の携帯キャリアと言えば、Docomo/Softbank/AUですが、タイの携帯キャリアと言えば以下の3つです。

【タイNo.1 キャリア】AIS

www.ais.co.th

現状、タイのNo.1キャリアで、カバレッジが広くタイの地方でも電波状況が良い。第2位のTrueもカバレッジはかなり広いがタイ国内の品質で選ぶのであればAIS一択と言っていいと思います。

4Gのカバレッジもタイ全土に展開しており、データ通信も快適に使う事が可能です。

数年前にDtacを抜きタイのNo.2キャリアとなったTrue Moveです。カバレッジもかなり広がり、AISと比べても遜色のない携帯キャリアです。先ほどのAISと併せてタイ人からもかなり人気があるキャリアです。

AISの展開しているセレナーデサービスと比較して、Trueの会員サービスが普段使える特典が多く、それも人気の一つかと思います。

 【日本で言うSoftabankか⁉】True Move

truemoveh.truecorp.co.th

 【バンコク郊外の電波が…】Dtac

www.dtac.co.th

AISやTrueと比べるとカバレッジが狭いDtac。やはり携帯電話は繋がる場所が広い方が安心なので、AISやTrueを選んだ方が良いかなという印象です。

わざわざDtacを選ぶ必要はないと思います。

個人的にはAISが一番安心しているという色々な情報を得てAISが一番良いかと思っています。友人がDtacはバンコク中心部で使うなら安いしおススメ!と言っていましたがバンコク以外では少し電波が弱いようです。

携帯電話の契約タイプ

日本ではプリペイドは一般的でなく、ポストペイド(後払い式)が主流だと思います。タイでは結構プリペイドを使っている日本人も多いようです。  

基本的にはキャリアによって契約方法が異なるという事は無く、以下の書類での契約が可能です。

●ポストペイド(後払い方式)

・必要書類…パスポート/ワークパーミット

・契約方法…キャリアのショップに行き上記の必要書類を提出する事で契約が可能。

・支払方法…請求書での銀行振込・コンビニ払い・アプリ払い等の色々な方法に対応。

●プリペイド(前払い方式)

・必要書類…パスポート

・契約方法…キャリアのショップに行き上記の必要書類を提出する事で契約が可能。

・支払い方法…事前にSIMカードにTOPアップした金額から利用。

※法人契約の場合にはプリペイドでの契約は出来ず、ポストペイドでの契約のみ。上記の書類ではなく、「Company Document/登記簿謄本」「Por Por20/納税証明書」「代表者のパスポート」が必要です。

携帯電話を買う場所

■キャリアショップで購入

キャリアショップでも携帯電話端末の購入が必要、一定以上のプランに入る事で端末のディスカウントを受けられることもあるが、契約期間の縛りなどがある場合があるので注意。店頭にあるデモ機などで日本語が使える端末かチェックする事がおススメです。

■量販店で購入

量販店はSDカードやメーカーグッズなどの色々な特典を付けて販売している事が多い。

販売価格は特別安いという事は少ないが大きな店であれば品揃えはキャリアショップより多く、スタッフが丁寧に英語もしくはタイ語で説明をしてくれる。

■MBKで購入

MBKはバンコクの大きな電脳街でスマホやタブレットスマホグッズ等何でもそろう大きなショッピングモールです。ここでの購入も可能ですが、しっかりした店で購入する事をお勧めします。中には中古端末は開封済みの端末を販売しているお店も。

※タイでの携帯電話の修理は「キャリア」「量販店」「MBK」で購入した場合もメーカー指定の修理センターに自身で持ち込んで修理を行う事が一般的です。信用できる店舗で購入して入れば初期不良の交換対応等をしてくれることもあるので、ちゃんとした店で購入しましょう。

コメント