TRUEとDTACが合併し、タイNo.1キャリアに!新しい会社名はTRUE

TRUEとDtacの合併でタイは2キャリア体制に

タイの通信キャリア2位のTRUE (トゥルー・コーポレーション)と3位のDtac (トータル・アクセス・コミュニケーション)の合併が最終段階に入り、2023年第1四半期での合併に向けて最終段階に入っている。

合併後の会社の名前はTRUE CORPORATIONとなるとの事ですが、当面は現状の「TRUE MOVE」と「Dtac」のサービス名を残して利用している顧客に継続してサービスの提供を行うとの事で利用者に特に大きな影響は無さそうです。

ただ、業界2位と業界3位が合併して誕生する新しい「TRUE Corporation」の契約者数は5,100万人以上になり、現在4,370万人の加入者を持つ業界TOPのAISを上回りシェアトップとなります。

これによりタイの通信事業は新会社TRUEとAISの2大キャリア状態になるので価格競争などがなくならないか心配な部分もありますが、今後に期待していきたいですね。

タイでも一気にeSIMでの契約が普及

2022年にはタイの大手キャリアでは店頭で簡単にeSIMでの契約が出来るようになったことから、eSIMがかなり普及した印象です。

元々、タイでは海外旅行の際のツールとして「SIM2Fly」をはじめとしてローミングSIMが一般的になり、レンタルポケットWiFiを旅行の際に使うという人が減少傾向にありましたが、eSIMの普及によりよりコスパの優れた現地SIMを旅行前にeSIMで買うという方法が今後さらに加速していきそうな気がします。

ただ、まだハイスペックな端末にのみeSIMが搭載されており、対応のスマホは多くないので今後eSIM対応の廉価スマホが出てくるかどうかががさらなる普及のポイントになってくるでしょう。

5Gエリアも拡大

タイでは2020年から5Gの商用利用が開始されましたが、2023年時点でかなりの範囲で5Gが使えるようになっています。

5Gを利用するには5Gが使える端末が必要となりますが、5G通信に対応した携帯端末が必要となりますが低価格な5G対応スマホも増加しており、5Gユーザーはかなり増加しています。

5Gの速度比較では、場所にもよりますがAISが優勢な場所が多く、タイで安定した5G通信を使いたいなら現状AIS一択だと思います。

プランに関しては日本のスマホプランも安くはなっていますが、まだまだタイの方が安い状況です。

2023年のタイの通信業界が面白そう

今回のTRUEとDTACの合併もそうですが、eSIMや5Gのさらなる進化などタイの通信業界は面白くなりそうですね。

2023年のタイの通信業界の注目していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました