タイ赴任決定!携帯電話どうする?

スマホ・通信・アプリ




タイ赴任決定!日本の携帯どうする?

タイに赴任が決まった時に日本の携帯電話の契約をどうするかというのは、皆さんが悩まれる事です。無駄なお金を節約するという意味でも電話番号は休止、使っているスマホをSIMロック解除という方法がおススメです!

詳しくは以下の記事にてご確認ください。

●電話番号保管サービスを申し込む

●スマホをSIMロック解除する

まずは日本でプリペイドSIMを購入

タイ生活を開始してすぐにタイで携帯電話を購入して電話番号を契約して使うというのは結構面倒で手間がかかります。

仕事の引継ぎや引越し、お子様の学校入学手続きなどイベントが次から次へと押し寄せてきます。そういった手続きにはタイの電話番号が必要なので日本出発前にSIMカードを手配しておくと便利です。

そんな時にとりあえず使えるのがベリーモバイル タイSIM[45日間/4GB/無制限]です。他のプリペイドと違い45日間使えるのは非常に便利です!

 タイで携帯電話を購入する場合

日本で使っている端末が古いので、タイ赴任のタイミングで購入したいという方もいると思います。タイで携帯電話を購入する場合ですが、日本で購入する場合と異なる点があるのでご紹介いたします。

● 基本的に修理はメーカー指定の修理センターで

日本の場合には量販店で購入したものは量販店に持って行けば修理の受付を行ってもらえますが、タイの場合には基本的にメーカー直営の端末購入センターに持込む必要があります。

● 基本的に端末は一括購入

日本の場合は端末を割賦で購入し分割で支払う事が可能ですが、タイの場合には基本的に一括で購入する形となります。 タイは日本では販売されていない低スペック端末も街中で販売されているので注意が必要です。

(怖い話)街中で携帯端末を購入したが

実際にあった携帯電話トラブル 

タイは街中で色々な安い端末が販売されているからと、街中で9000バーツの中古のiPhoneを購入したGさん。

購入後、2ヵ月で電源がすぐ落ちるというトラブルが発生し、購入店舗に持込むが保証期間は1ヵ月なので、

修理するしかないと、同店舗で1,900バーツを支払いiPhoneのバッテリー交換を行う。

しかし、症状は改善しておらず電源が入らなくなり、再度購入店を訪れて修理の依頼を行い預けるが、数時間後

これは修理出来ないので前回の修理費用は返金すると言われ1,900バーツを受取り帰宅したそうです。

Gさんはこの端末のデータだけでも取り出せないかとベリーモバイルにお持ちいただきました。

弊社でチェックしたところ中のパーツが色々無く、とても電源が入れられる状態ではなかった為、修理不可で

お返ししたのですが、中古端末は開けてみるまで中の状態が分からないので注意が必要です。

 ——–

タイの街中で端末を購入する際には、メーカー直販店や大手の量販店での購入がおススメです。

保障期間・端末のスペックや日本語使用可否を確認してから購入するようにしましょう。

街中の特に中古端末は端末の状態が分からないので、自己責任での購入となります。

また、修理は正規の修理ショップでの修理がおススメで、特にiPhoneは街中の修理後パーツが無くなっている事があるようですので、注意が必要です。

長く使える端末を購入するために

 ● 信頼できる店舗で購入しよう

最近ではLazadaなどのECサイトでスマホを購入する事も可能になってきましたが、どこで購入するかは意外に重要です。

購入店舗で故障時の対応や、保証期間に関して確認をおこなうようにしましょう。

 ● 端末のスペックにも注意

タイは日本と比べ、低価格の端末のラインナップが多くあります。RAM500MB・ROM4GBといった通常使用に耐えられ

ない端末も市場に流通しています。安いからと言って買うとすぐに違う端末を購入しなければいけない事態も。

 ● 中古端末購入時は特に注意が必要

iPhoneは新品・リファービッシュ(メーカー再生品)・中古品など色々あり、購入時は特に注意が必要です。

タイのiCareではタイ国内販売モデル以外の修理は断られることも多く、購入時にはどこの国もモデルかも確認しましょう。

また、中古品はすでに修理履歴がある物があります。

タイ赴任の携帯電話の準備の大切さ

タイに赴任が決まったら、通信環境の確保が重要です。最近はLINEを使う事で世界中の方と無料でコミュニケーションを行う事が出来ます。

日本のご家族、ご友人とのコミュニケーションを途切れさせない為にも上記の方法での準備がおススメです!

コメント