話題の白いカレーうどんを食べに「うどん屋KOMUGI」に行ってきた。

旅行・グルメ




プロンポンに出来た「うどん屋KOMUGI」

サクッとランチに麺類を食べる事が多いのです。蕎麦は「生蕎麦あずま」がコスパが良いのでよく行くことが多く、ラーメンにいたってはかなりのお店があります。

一方でうどんはというと、駅の近くで言うとエンポリアムの中の「歌行灯」や「里のうどん」がありますが、うどんのお店というより和食レストランといった感じでうどんのお店というとあまり無いと思います。

そんな中、トンローにある熟成醤油そば和久のオーナーがプロンポンに「うどん屋KOMUGI」をオープンさせたとの事で気になっていたのですが、こちらも駅から若干遠いのでなかなか行く機会がありませんでした。

ただ、いろいろな方が「白いカレーうどん」を紹介していたので気になってようやく行ってきました。
尚、月曜日は定休日のようなのでご注意下さい!

白いカレーうどんを食べてみた。

場所はばんからラーメンよりさらに奥で、スクンビットソイ39のバイオハウスの手前くらいです。歩くと結構汗をかく距離ですね。

早速注文していきます!

早速入店してメニューを見ていきます。店内は14時ころに行ったからかそこまで混雑はしていませんでした。
今回はうどんメニューのみを御紹介しますが、パフェも人気のようです。

まずは、白いカレーうどん(300バーツ)、カレーうどん(280バーツ)のカレーうどんから始まります。これが一番人気のメニューなんですね。

今回は白いカレーうどんを頼みますが、「出汁にこだわった手作りのカレーを使い、ジャガイモのムースをのせたKOMUGI名物しろいカレーうどん」とのことです。

下のカレーうどんは「シンプルなカレーうどんです。」と書いてますが、これは出汁にこだわったという文章が無いですがおそらくは白いカレーうどんの白い部分無しですよね??

カレーうどん以外ももちろんあります!

温かいうどんは、豚バラ肉うどん(260バーツ)ときつねうどん(240バーツ)の2種類がありました。写真のきつねうどんはかなりシンプルですね。

冷たいうどんは、豚しゃぶ梅おろしうどん(280バーツ)、牛とろたまうどん(350バーツ)、海老おろしうどん(350バーツ)の3種類がありました。

的には牛とろたまうどんが一番気になります。お値段は350バーツとなかなかいい値段ですね。

白いカレーうどんが到着!

注文した白いカレーうどんが到着する前に、紙エプロンが配られました。この日は白いワイシャツだったので、このサービスはありがたいですね。

そして、白いカレーうどんが到着しました。ちなみに麺を+30バーツで大盛りにしています。
本当に白いですね。薬味はネギのみでシンプルです。
カレーうどんを頼んでこれが来るとかなりインパクトがありますね。

うどんが見えないので、箸ですくってみるとうどんがいました。
まず普通にカレーうどんが出汁が効いていて美味しいです!白いムース部分が味をまろやかにしているのでしょうか?

麺はモチモチしています。一瞬で完食しました。

さいごに

白いカレーうどん見た目もインパクトがあり、味も良かったです。
他にも色々なうどんがあるので次は違ううどんを食べてみようかなと思います。

プロンポンでうどんを食べたいと思ったときの候補が1店舗増えました。
もう少し駅から近ければ行きやすいのですが、、、。

まだ白いカレーうどんを食べた事がない方は行ってみても良いと思います。

コメント