当ブログ内の記事にはプロモーションを含む場合がございます

レンタルWiFiを借りる前に!メリットデメリットをよく理解してから借りましょう!他にどんな通信手段がある?

海外旅行の際にはレンタルWiFiですか?

海外旅行に行く際の通信手段何を使っていますか?
頭にすぐに「レンタルWiFi」というのが浮かんでくる方も多いのではないでしょうか。

海外旅行先でもスマホを使って現地の情報を収集したり、晩御飯を食べるレストランを選んだり、現地で撮影した写真をすぐにSNSにアップしたりとWiFiを使う事でスマホが大活躍します!

海外ローミングを使う場合には、それをそのまま持って行けばいいのですが、スマートフォンをそのままタイ国外に持って行って使った場合には国際ローミングが高額になり、いわゆるパケ死と言われる状態になります。私も過去に約20,000バーツの請求が来て驚いた事があります。

なので海外に行く際には渡航先に合わせたレンタルWiFiを借りるのがおススメです!

× Pocket WiFiと言っても万能ではない!注意点を知ろう!
基本的にはWiFiには速度制限がかかるデータ容量が設定されています。無制限タイプと言ってもフェアユーセージポリシー(Fair Usage Policy : FUP)が設定されており、短期間に大量のデータを使うとキャリア判断で回線を停止される可能性もあります。

レンタルWiFiのメリット

海外旅行の定番となっているレンタルWiFiのメリットからご紹介いたします。

タイの電話番号での着信が可能!

タイで携帯電話を購入した方は基本的にSIMフリーの端末を持っていると思いますので、基本的には現地のSIMやSIM2Flyを入れて使う事が出来ます。

ただ、その場合基本的にはタイのSIMカードを取り外すためにタイの電話番号での着信が出来なくなってしまいます。これがPocket WiFiの場合には着信が可能なので緊急の連絡への対応も可能です!

使うための設定が簡単!

携帯電話を使っている人でWiFiを使った事が無い人はいないのではないでしょうか?Pocket WiFiは電源を入れてWiFiに繋ぐ作業を行うだけで簡単にインターネットを利用可能になります。ローミングのようにキャリアを選択したり、SIMカードのようにAPNの設定を行う必要はありません!

セキュリティーが安心!

街中のフリーWiFiの中にはセキュリティーが低い物が存在ます。そういったものでクレジットカード決済をおこなうと非常に危険です。自分だけのWiFiを1台持って行けば現地のでクレジットカードでのネット決済も安心です!

レンタルPocket WiFiのデメリット

充電する端末が増える!

ビジネスホテルに泊まった場合など意外にコンセントの数が少なくて充電器を挿すスペースを家族で取り合いになる事も!複数人で充電する予定がある場合には電源タップを事前に持って行く事をおススメします!

持ち運ぶ端末が増える!

Pocket WiFiは常に近くにないとインターネットを使う事が出来ません。常に持ち歩いて行動しましょう!また、複数人で別々に行動する場合にはそれぞれに1台必要になるので注意が必要です。

端末を受取・返却する必要がある。

Pocket WiFiはレンタル商品なので、前日もしくは当日に受取、帰国日もしくは翌日に返却を行う必要があります。疲れている帰国直後に端末を返しに店頭まで行くのは結構面倒です。多少お金がかかってもいつも郵送で返却しています。

レンタルWiFi以外の選択肢も多い!

レンタルWiFiのメリット・デメリットを紹介しましたが、この辺りを理解して使う事が重要です!

是非ご旅行の予定が決まったら、旅先での通信環境をどうするかを検討してみてください。
他の選択肢を簡単にご紹介いたします。

海外旅行用eSIM

最近はeSIM対応スマホが増えたこともあり、スマホに海外旅行用のプリペイドeSIMを入れるという方もかなり増えてきています。

海外旅行用のプリペイドeSIMに関しては以下の記事にてご紹介しております。

現地SIM

お使いのスマホがeSIMに対応していない場合には、現地SIMを空港などで購入するという方法も一般的です。

お使いのスマホがSIMフリーであれば、空港でSIMカードを購入してすぐに利用を開始できます。

● 自分に合った通信手段を使おう!
渡航先や滞在期間などによって、最適な通信手段は変わってきます。海外旅行に行く際には自分の使っているスマホなども考慮して最適な通信手段を選びましょう!