当ブログ内の記事にはプロモーションを含む場合がございます

日本でSIMロック原則禁止に!SIMカードを入れ替えて簡単にキャリア変更。

日本でSIMロック原則禁止に!

2021年10月1日から「SIMロックの原則禁止」となった。
菅前首相は在任期間中に通信事業に対して2つの大きな変化をもたらしたその一つが「携帯電話料金の値下げ」です。

携帯料金の値下げに関しては、第4のキャリアとして「楽天モバイル」が価格破壊をしたことにより、月額料金0円からのプランが出て大成功と言えます。

そしてもう一つの「SIMロックの原則禁止」もスタートしました。
SIMロックは総務省としては、SIMロックを設定することで気軽にユーザーがキャリアを乗り換える事が出来なくなっており、それを改善するために原則禁止としました。

SIMロック原則禁止で何が変わる?

今回、「SIMロックがかかっていない状態」でスマホが販売されるようになりましたが、これによって何が変わってくるのでしょうか?

まず、今まではSIMロックがかかっていたため、他社の魅力的なプランに変えようとすると、今まで使っていたスマホはSIMロック解除をしないと使うことが出来ず、キャリアを変えるのと一緒にスマホを変更する必要がありました。

SIMロックがなくなることで、SIMカードを入れ替える事で、スマホ本体を気にせず単純にプランだけでキャリアを選ぶことが出来るようになる。
これによりキャリアの価格やサービスでの競争が活発になるはずです。

海外旅行・海外赴任の際にも役立つ

日本で簡単にプラン変更出来るだけでなく、SIMロックがかかっていない端末であれば、海外旅行や海外赴任の際にSIMカードを入れ替える事で現地のSIMを使えるように出来るようになります。

今まで海外旅行や海外赴任の際に、レンタルWiFiや国際ローミングを使っているという人も多かったと思いますが、現地のSIMを入れて使えるようになると現地の空港でSIMカードを購入出来るためかなり楽になっています。

Android端末の場合には、キャリアに合わせてAPN設定をする必要がありますが、簡単に設定をすることが出来ます。

さいごに

今回のSIMロック原則禁止に関しては、基本的には良い変化だと思いますが、今までキャリアはSIMロック解除や契約期間の縛りによって端末を安く提供していましたが、今後はそういった縛りによる割引は無くなってくる事が予想され、スマホの価格は高くなっていく事が予想されます。

スマホの価格が高くなると、海外では主流の低価格なAndroidスマホがかなり日本に入ってくるように思います。

日本のスマホ事情が今後どうなっているのか注目していこうと思います!

タイトルとURLをコピーしました