日本への中長期の一時帰国、楽天モバイルを契約するという選択肢がおススメ!

旅行・グルメ

日本の電話番号、契約期間の縛りなしでもてる?

現在、コロナの影響もあり中長期の一時帰国をする人が増加していますが、タイに戻ってくる時期が未定という人も多く日本の電話番号を契約するかどうか悩んでいるという人も多いのではないでしょうか?

「レンタルWiFi」をレンタルするという方法もありますが、電話番号が無いのは意外に不便すると事です。

昔は日本では契約年数が縛られるのが一般的でしたが、新規契約時に契約期間の縛りなくSIMカードを調達することも可能になっています。

今回はそんな一時帰国時にも気軽に契約できる楽天モバイルをご紹介いたします。

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIがおススメ!

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIは複雑な契約プランを選ぶ必要が無く料金も安いので、一時帰国や本帰国時に契約するプランとしてお勧めな理由をご紹介いたします。

月額基本料金0円から契約可能!

Rakuten UN-LIMIT VI のおススメポイントはなんといってもその料金体系でしょう。
1GBまでは無料、そのあと980円、1980円とデータ利用料によって利用金額が変動し、20GB以降はどれだけ使っても2,980円と自分に合わせた料金で使う事が出来ます。

≫Rakuten UN-LIMIT VIプランの詳細はこちら

月額が0円からという攻めたプランは大手キャリアはもちろん、格安キャリアも仕入れが無料でない以上0円で提供する事が出来ないのでこのプランを提供し続ける限りシェアは拡大していくと思います。

楽天モバイルは契約期間の縛りなし、違約金無料

楽天モバイルの月額基本料金0円から契約可能な 関しては、契約期間の縛りなくいつ解約しても早期解約にかかる違約金が発生しなくなっています。楽天モバイルは契約期間縛りなし、解約が無料なので、半年だけの一時帰国の滞在時に契約をするという事が可能です。

≫楽天モバイルの早期解約料に関してはこちらをご確認ください。

2年間の契約の縛りがある場合、違約金のことを考えると日本の電話番号を一時帰国の際に契約することは難しかったのですが、縛りなし・違約金無料の楽天モバイルはそういった方にもおススメです。

楽天ポイントでも支払い可能

楽天モバイルの特徴として楽天ポイントを楽天モバイルの月額利用料金の支払いに利用できるというメリットがあります。現在楽天で買い物をしている人は、貯まったポイントで支払いできるのでお得に契約することが可能です。クレジットカード/デビットカードでの支払いのみという注意点もあるので事前に確認しておくのが良いでしょう。

≫月額利用料金の楽天ポイントでの支払いに関してはこちらをご確認ください。

楽天経済圏の中で生活している人は、楽天ポイントで携帯代金を支払えるというのはかなりメリットが大きいのではないでしょうか。様々な楽天サービスでポイントが貯まるのでチェックして契約しておくと良いでしょう。

アプリ・WEBから解約申し込み

一時帰国を終え、再度タイへのに渡航が決まったら、日本の電話番号の解約を検討すると思いますが、楽天モバイルはWEBやアプリから簡単に解約の申し込みが出来るので、「店頭での手続き」や「解約のタイミングの計算」は一切必要ありません。

≫楽天モバイルの解約方法はこちらからご確認ください。

解約が簡単というのは、今後サービス展開をしていく上で非常に重要なポイントになると思います。様々なサブスクが増えるにつれて気軽に使えて気軽に解約できるというのはサービス設計の重要なポイントです。

解約時に物理SIMの返却は必要、eSIMなら不要

本体にさして使う物理SIMの場合、SIMカードを指定住所に返却する必要があります。ただeSIMの場合には返却する必要が無いのでeSIM対応端末を持っている場合にはeSIMでのお申し込みがおススメです。送る手間や送料がかからなくなるのでeSIM対応端末でない場合にはタイミングによっては機種変更を検討しても良いかもしれないですね。

楽天モバイルのeSIMに関してはこちらを確認

楽天と言えばRAKUTEN miniなどの特徴的なオリジナル端末を出しており、それらのオリジナル端末はeSIMに対応しています。楽天モバイルを契約する際に端末同時購入を検討するのであればオリジナル端末を買うという選択肢もあります。

eSIM対応の楽天オリジナル端末

楽天モバイルを一番盛り上げたのがeSIM対応の楽天オリジナルスマホのRakuten miniでしょう。そこからさまざまな楽天オリジナルスマホを発表しており、5G対応、eSIM対応のスマホもラインナップしています。海外渡航時にeSIMを使う事も可能になるのでサブ機としても活躍する事間違いありません。
ただ、タイで本格的に使いたい場合には事前に周波数帯を調べておくことをおススメします。

≫楽天オリジナルスマホの情報はこちらからご確認ください。

楽天オリジナルスマホはeSIMのみ対応で物理SIMが入らないeSIM専用機なので、タイのSIMを入れて使いたいという人は注意が必要です。タイでもメイン機として使う事を考えるとiPhoneがおススメです。

楽天モバイル、契約数が500万回線を突破

8月23日に楽天モバイルをが携帯キャリアサービスとMVNOサービスの合計契約数が500万回線を突破したとプレスリリースを出したので内容を簡単にご紹介します。

2020年4月にサービスを本格スタートし、特徴的なオリジナル端末やエリアの拡大、キャリア最安値を目指す攻めた価格設定でシェアを拡大してきました。

特に「Rakuten UN-LIMIT VI」は0円から契約可能なライトユーザーから大容量データを求めているヘビーユーザーまで一つのプランでカバーでき、基本料金3ヵ月無料キャンペーンを行いさらにシェア拡大を目指しています。

今後の注目ポイントとしてはアメリカのAST&Scienceと業務資本提携を結び、低軌道衛星通信サービス「SpaceMobile」でカバレッジを拡充していく点です。現状はまだ大手キャリアと比べるとカバレッジの面で後塵を拝していますがこれらの取り組みにより一気に巻き返す可能性もあります。

楽天は月額料金でも端末でも尖ったモノを提供しており、今後も面白いことをしてくれる期待感があります。まだ500万回線ですが契約数の伸びには注目していこうと思います。カバレッジが広がればもう少し契約件数も伸びると思います。

さいごに

今までは日本に中長期帰国する時はレンタルWiFiが主流でしたが、今後は楽天モバイルのようにネットで申し込んでネットで解約、違約金無料のようなスタイルが増えてきそうな気がします。

海外からの中長期の一時帰国の際には是非検討してみてください。