世界的に見たタイ・バンコクの渋滞について、バンコクの交通状況は世界ランキングワースト何位?

スポンサーリンク

TomTom社調査の世界の交通状況ランキング!

TomTom社で毎年、世界の交通状況をまとめた「Traffic Index」を発表しており、世界の交通状況をランキング形式で見る事が出来ます。

2020年の頭からロックダウンする国も多く、2021年は観光客もほとんど入ってこなかったこともありバンコクでも全く渋滞に巻き込まれる事無く移動出来ていました。

今回はTomTom社調査のランキングをチェックしていきます。

まずは過去のバンコクのランキングをチェック!

まずは過去のバンコクのランキングをチェックしていきましょう。

2017年 – バンコク -7位
TOMTOM社 – Taffic Index

2017年のバンコクの渋滞レベルは55%で7位にランクインしていました。

2018年 – バンコク – 8位
TOMTOM社 – Taffic Index

2018年は2017年から2%渋滞レベルが下がり、ランキングも1つ下がって8位という結果に。

2019年 – バンコク -11位
TOMTOM社 – Taffic Index

2019年はまさかのTOP10に入れず11位に、ただバンコクの渋滞レベルは2018年と変わっておらず他の強豪が渋滞レベルを上げてきた結果です。

2020年 – バンコク 10位

TOMTOM社 – Taffic Index

新型コロナの影響を受けた2020年ですが、各国が渋滞レベルを下げる中、バンコクは前年比9%下げたものの何とかTOP10位に残ることが出来ました。

2021年末、コロナ前の渋滞に戻りつつあるバンコク!

コロナ禍のバンコクは渋滞することも、タクシーに乗車拒否されることも、タクシーに値段交渉されることもなかったですが、12月に入ってからはかなり以前の渋滞のあるバンコクに戻ってきています。

2021年のランキングはまだ出ていないので、2021年の結果発表を楽しみに待ちたいと思います。

さいごに

BTSやMRTの路線の延長などもありましたが、結局バンコク中心部の渋滞の緩和には全く影響がない感じですね。

観光客がまだ戻ってきてない状況でこの渋滞なので観光客が戻ってきたらさらに悪化しそうです。

タイトルとURLをコピーしました