Rabbit Card(ラビットカード)がボロくなってきたので新しくしてみた。

スポンサーリンク

Rabbit Card(ラビットカード)が古くなったので新しくしてみた。

バンコクで暮らしていると結構使うBTSですが、BTSに乗る際にに便利なのが Rabbit Card(ラビットカード) です。

チャージして使う事が出来るので、混雑時にも券売機や窓口に並ぶ必要がありません。

そんなBTSカードですが、いつ作ったかも覚えていないですが、気づけば使っているRabbiCardがボロボロになっていました。

汚れというとよりは擦れて色が落ちた印象ですね。

Rabbit Card(ラビットカード) って何?

引用:rabbit.co.th

Rabbit Card(ラビットカード) は、先程もご紹介した通り、日本で言うとSuicaのようなチャージ式のICタイプの搭乗券です。

電車に乗るだけでなく、提携している飲食店で使えます。
エムクオーティエのフードコートなどでも使えるなど結構意外な場所で使えます。

また、ポイントを貯めて色々な物と交換する事も出来るようです。
毎日使うわけではないので、そこまでポイントが貯まらず交換したことは一度もありませんが、、、。

窓口でRabbit Card (ラビットカード) 交換できるか聞いてみた。

Rabbit Card (ラビットカード) を交換できるか聞いてみると、古いカードを失効させて新しいカードを申し込むという流れになるとの事です。Rabbit Card (ラビットカード) の発行には100バーツの手数料が必要です。

● 古いカードを失効させ残高をリファウンドしてもらう。
 ↓
● 新しいカードを申し込む

必要書類:パスポート(原本)
・手数料:100バーツ

Rabbit Card (ラビットカード)の有効期限は7年間

窓口で新しく発行したRabbit Card (ラビットカード)を受け取る際に「有効期限は7年間」との事でした。

7年間もRabbit Cardを使うという人はあまり多くないと思うので、この期限はそこまで気にしなくても良さそうな気がしますね!

尚、チャージした残高は2年間なので、この有効期限と混同しないように注意が必要ですね!

新しいRabbit CardをGETしたらRabbit Rewardに追加!

Rabbit Rewardに登録していると、ポイントが貯まりますがこのポイントはアカウントに貯まるので、新しくRabbit Cardを作ったらこちらも忘れないようにカードを追加しておきましょう。

まだ登録していない人は登録しておいて損は無いので登録しておきましょう!

新しいカードの追加はRabbit Rewardにログインして、「My Account」→「Rabbit Cards」→「Add Card」で追加できます。

綺麗なカードに変更!

今回、新しいRabbit Cardに変わったのですが、新しいカードになると少しテンション上がりますね。
ほとんどBTSは使いませんが、せっかくカードも新しくなったのでもっとBTSに乗ってみようと思います!

タイトルとURLをコピーしました