甘さも自由自在!タイ語をつかってカフェで注文しよう!

スポンサーリンク

最近のバンコクはタイ人も甘さ控えめ?

以前はカフェでドリンクを頼む時に、甘さを向こうから聞かれることはあまりありませんでしたが、最近は店員さんが甘さを聞いてくれる事も増えてきました。

タイでもドリンクに含まれている糖分を気にする人が増えてきているのでしょうか。
どこの国もやはり健康志向に進んでいくんですね。

今回はカフェで使えるタイ語を簡単にご紹介します。

タイのカフェでタイ語で注文する

タイのカフェで注文するときに難しいのが英語が独特に発音でなかなか伝わらない事があるという事です。スタバであれば問題ないのですがローカル地域のカフェでは難しい場合もあります。

そんな時のためにタイ語での注文を練習しておきましょう。
タイ語で注文した方がスムーズに注文できることが多いです。

今回は「ドリンクの種類」+「熱さ」+「甘さ」というような流れで注文すればきっとわかってくれるでしょう。最初はダメもとで人が少ないお店を狙ってチャレンジしてみましょう!

タイ語のカフェメニュー

きちんとしたカフェであれば英語での注文も可能ですが、ローカルのお店の場合、タイ語での注文の方がスムーズに注文できます。タイ語で伝わるように知っておくと便利です。

飲みたいメニュー何て伝える?
ミルクティーチャーノム
レモンティーチャーマナオ
紅茶チャータイ
緑茶チャーキアオ
ウーロン茶チャーウーロン
アメリカンアメリカーノー
エスプレッソエスプレッソー
マキアートマキィアートー
ラテラーテー
モカモーカー
カプチーノカプーチノー

ホットかアイスかスムージーか種類を伝える

頼みたいメニューが決まったら次は「ホット」か「アイス」か「スムージー」かといった種類を選びましょう。

飲みたい種類何て伝える?
アイスイエン
ホットローン
スムージーパン

例えば先程の飲み物と合わせると、「ラテー」+「イエン」でアイスラテとなります。

甘さの調整に使えるタイ語

タイのカフェのドリンクは甘い場合が多いので注意が必要です。
スタバなどでは問題ないですが、ローカルカフェでアイスコーヒーを頼んだら甘いアイスコーヒーが来るのが当たり前だと思って注文の際には甘さをタイ語で伝えましょう。

希望する甘さ何て伝える?
甘くないマイ ワーン
甘さ控えめワーン ノーイ
普通の甘さワーン ポカティ

 日本人にとっては「ワーン ポカティ(激甘)」「ワーン ノーイ(甘い)」という感じだと思います。
ワーン ノーイで甘さ控えめにしたのに普通に甘いのが来る時がありますが、タイ人の甘さの感覚からしたら控えめなんでしょう。

ここまでを組み合わせると 「ラテー」+「イエン」 +「マイワーン」で甘くないアイスカフェラテになります。

実際に注文するときのイメージ

実際に注文する時には、前に欲しい時に使う「アオ」を前に付けて「アオ +種類+冷たさ」という感じでオーダーしましょう。また末尾に男性は「カップ」女性は「カー」を付けると丁寧です。

例)アオ + ラテー + イエン ⇒ ライスカフェラテが欲しいです。

店員さんが「ワーン ポカティ マイ?」と甘さはどうするか聞いてくれることもありますが、聞かれな時には希望する甘さを伝えましょう。

これで大体OKです。
カタカナ読みで不安という方は、他のタイ人が注文しているのを聞いていると次第に発音も良くなってきます。

さいごに

このくらいの基本のタイ語であれば、一度お店で使ってみれば自然と口から出るようになってきますが、単語の意味を知れば色々な言葉の意味が分かっているので、少しタイ語学校に通ってみると良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました