当ブログ内の記事にはプロモーションを含む場合がございます

2022年|タイで携帯回線を契約する方法について、各キャリアの情報などをご紹介!

タイで携帯電話回線を契約する

タイに新規で赴任されたり、留学で来るという方はタイの携帯電話番号が欲しいので、携帯電話回線を契約しようとすると思います。

以前はタイで携帯電話回線を契約しようとした場合には、必要書類が何もいらない「プリペイドSIM」を契約するという方法もありましたが、現在はタイで「プリペイドSIM」を契約する際にはパスポートが必要になったりと変更になっている部分があります。

また、プリペイドSIMより月額パッケージの方がコスパが良いプランが揃っているので、タイに1年以上滞在する場合には、日本と同様の月額契約を行うのがおススメです。

今回はタイの携帯電話回線の契約に関してご紹介しますので、タイに来る際の参考にしてください。

スマホの確保は携帯電話回線を契約する前に!

日本で販売されている携帯電話端末も、現在はSIMフリーで販売されるようになっているので、基本的には日本で使っている携帯電話端末をそのままタイで利用する事が可能です。費用を抑えたい場合にはそのまま日本で使っていた携帯電話を使うと良いでしょう。

✓ 日本の携帯電話はタイでは修理出来ない場合が多い
日本の携帯電話は同じメーカーであっても、日本独自の機能「おサイフケータイ」などの機能が付いているため、海外では修理出来ない場合が多いので注意しましょう!日本のスマホのデータをそのまま置いておきたいという人はタイ専用の携帯電話を準備するのがオススメです。

タイで携帯電話を買うならどこで買う?

タイで携帯電話を買う際にどこで買うか悩まれるという方もいると思いますが、オススメの購入場所は「キャリアショップ」か「家電量販店」「メーカー正規店」の3つがオススメです。

タイのどの地域に住むかによっても若干変わってくる部分はありますが、デパートやショッピングモールに行けば「携帯電話のキャリアショップ」が無いという事はめったにありません。

キャリアショップでSIMカードを契約する際に携帯電話端末をセットで買うと良いと思います。

慣れてくればECサイトなどでも買うのもオススメですが、タイのECサイトはまだ偽物なども蔓延っているので、慣れるまではあまりお勧めできません。

1年以上タイに滞在する方は月額契約がオススメ!

タイの滞在が短期間の場合には、契約に必要な書類の関係から「プリペイド」での契約になりますが、契約書類の準備が可能な場合には「月額契約」で携帯電話を契約するのがオススメです。

タイで携帯電話を契約する際の必要書類は?

タイで携帯電話を月額契約で契約する際に必要な書類は以下の書類が必要です。

✓ パスポート
✓ 労働許可証(ワークパーミット)

この2つの書類があれば携帯電話のSIMカードを契約することが出来ます。タイの3大キャリアの一つTRUEは労働許可証無しでもSIMカードが契約できるという噂があったので、実際にエムクオーティエにあるTRUEショップで契約を試してみたところ確かに不要で契約出来ました。このあたりはタイらしいと言えばいいのでしょうか。

タイで携帯電話を契約するならどこのキャリア?

タイにはAISとTRUE、そしてDtacという3大キャリアがありますが、オススメはAISかTRUEです。
この2つのキャリアは「5G」の使える範囲も広いですし、速度も安定しています。

以前、タイのキャリアについてブログに書いているので、良ければそちらも併せて読んでみてください。

タイの携帯電話料金はどのくらい?

タイで携帯電話を契約する際にどのくらいの金額で契約できるのかというと、プランによってピンキリです。自分が携帯電話をどのくらい使うかによって最適なプランを選ぶと良いでしょう。

AISとTRUEの最新のパッケージをチェックしてみました。

AIS

まずはAISの月額料金のパッケージをチェックしてみましょう!
容量の小さいパッケージもWEBサイトに掲載されていましたが、基本的には5Gの大容量パッケージが主流になっています。

■ データ容量の少ないパッケージ

月額料金高速データ無料通話
2991GB50
3993GB70

■大容量パッケージ

月額料金高速データ無料通話
69950GB50
89980GB70

≫ AISの料金パッケージはコチラ

✅ AISのオススメポイント
タイのキャリアの中でデータ通信の速度が一番安定している。
国際ローミングも格安なので一時帰国の際にも役立つ。
タイNo.1通信キャリアなのでサポートも安定している。

True

次にはTRUEの月額料金のパッケージをチェックしてみましょう!
容量の小さいパッケージもWEBサイトに掲載されていましたが、基本的には5Gの大容量パッケージが主流になっています。

■ データ容量の少ないパッケージ

月額料金高速データ無料通話
2991.5GB100
3995GB100

■ 大容量パッケージ

月額料金高速データ無料通話
69950GB300
89980GB300

≫ TRUEの料金パッケージはこちら

✅ TRUEのオススメポイント
5Gのカバレッジが広く、色々な場所で5Gが使える。
契約時にワークパーミットなしで契約できる場合も。
TRUE YOUの上位会員向けの特典がなかなか良い

大手キャリア以外の携帯電話の選択肢

大手キャリアでSIMカードを契約するのであれば、AISとTRUEのどちらかで契約するのがオススメですが、それ以外の選択肢もいくつかありますのでご紹介します。

FINN MOBILE:タイの格安携帯キャリア

FINN MOBILEは日本でいう格安キャリアで、回線はDtacの回線を利用しています。タイの格安キャリアと言えばFINN MOBILE以外にもAISが提供しているGOMOもありますが、GOMOはタイのIDが契約時に必要なため外国人は契約出来ないようなので日本人が契約できる格安キャリアはFINN MOBILE一択です。

価格は安いので、とりあえず月額料金を安く携帯電話を持ちたいという人に最適です。
ただ、Dtac回線を使っているので通信速度はAIS、TRUEと比較すると遅いです。

≫ FINN MOBILE 公式WEBサイト

✅ FINN MOBILEのオススメポイント
価格が安いので、月額料金を安く抑えたい人にオススメ。
WEBで契約が出来て自宅にSIMカードを届けてくれるので便利。
店舗は無いが、英語チャットサポートがあるので安心。

ベリーモバイル:タイで人気の日系キャリア

ベリーモバイルはタイで有名な日系キャリアで、回線はAISとTRUEの回線を提供しています。タイの日系キャリアと言えばベリーモバイルという人も多いと思います。店舗に日本人が常駐しているので日本人に日本語でサポートして欲しいという方にオススメです。

回線はAISとTRUEの回線なので速度が速い・遅いという事はありませんが、日本人が喜ぶサービスや日本人のタイ生活に必要なサービスを追加して提供しています。

≫ ベリーモバイル 公式WEBサイト

ベリーモバイルのオススメポイント
日本人が店舗に常駐しているので日本語で気軽に相談できる。
レンタルWiFiや050番号など日本人に役立つサービスを提供している。
会員向けの特典が使えて便利。

タイの5Gってどうなの?

2020年の3月にタイで5Gの提供が開始され、すでに2年以上5Gのカバレッジの拡大を各社力を入れて進めており、タイの多くの地域で5Gが利用出来るようになっています。

5Gを利用するためには5G対応スマホが必要ですが、最近では1万バーツを切る金額で買える端末も増えてきているので、そこまで高いスマホは必要ないと思っている人でも簡単に入手できるようになってきました。

そんなに5Gになって変るの?と思っている方はまずはこういったスマホを買って是非5Gを体験してみてください。

さいごに

今回はタイで携帯電話を契約する際の基本的な情報をご紹介しましたが、ここ数年5GやeSIMなどが普及し、通信環境も色々変わってきているので情報を色々仕入れていきましょう。

キャリアに関しても、今回ご紹介しただけでもかなりの数のキャリアがあるので、色々なお店で話を聞いてみてからどこで契約するのか検討していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました