SIM下駄でのSIMロック解除のデメリットをご紹介します。

スマホ・通信・アプリ
f:id:yourmobile:20190808205056j:plain




SIM下駄という便利アイテム

 iPhoneのSIMスロットに付けてSIMロックを解除する「SIM下駄」という物を使った方はそこまで多くないと思いますが、聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

タイの首都バンコクにあるMBKにはiPhoneのSIMロック解除をするというお店が4階のモバイルマートに軒を連ねていてほぼどこのショップでもiPhoneのSIMロック解除を受け付けているが、そのSIMロック解除とはこの「SIM下駄」を履かせたものです。

このSIM下駄ですが、日本のAmazonなどでも「SIMロック解除アダプタ」という名前で販売されています。どちらかというとこちらの方が正式な名称っぽいですね。

SIM下駄ってどういう仕組み?

このSIM下駄をSIMカードに取り付けて、簡単な設定を行うだけで SIMロック解除できる!と思っている人も多いですが、正確にはSIMロックの解除を行っているわけではありません。

SIM下駄を取り付ける事によりタイのSIMカードであっても、SIMロックをかけているキャリアのメーカーのSIMという風に認識をさせて使用可能な状態を作っているのです。

中には偽物も潜んでいるSIM下駄

正直SIM下駄自体が公式の物ではない為、購入した物が100%使えるわけではありません。買ってみたけど使えないというようなパターンも多くあります。使えない理由として最新のiOSには対応していない場合や、壊れている場合、そもそも偽物というような色々な原因が予想されるのでなかなかそれを特定する事は難しいでしょう。

iOSのアップデートで再度SIMロック!

  SIM下駄の最大のデメリットとして、最新のOSにアップデートすると同時にSIMロックの状態に戻ってしまう事がかなりの確率であります。例えばそれば旅先で起こってしまうと携帯電話が使えない状態になってしまいますし、タイで同じ状況になった場合にも再度MBKでSIMロック解除をしてもらう必要があり中々面倒です。

出来ればSIMロック解除をしましょう!

当然ですが、公式な方法でSIMロック解除するのが一番いい方法です。今は携帯電話の契約が残っていて自分が購入したiPhoneであれば簡単にポータルからSIMロック解除が出来るのでかなり便利に使えます!

さいごに

結局は下駄を履かせるのも、SIMフリーの中古を購入するのも自己責任で自分で納得できればいいかと思います。ただiOSのアップデートが出来ないのはちょっと微妙かなと思いますので、SIM下駄はあまりお勧めは出来ないです。

コメント