久しぶりにXperiaの新商品をチェックしてみた。Xperia 1Ⅲ / Xperia 10Ⅲは買いなのか?

スマホ・通信・アプリ




久しぶりにXperiaの新商品をチェックしてみました。

スマホ登場からしばらくはXperiaを使い続けていましたが、急にタッチが利かなくなる「タッチ切れ」や「突然死」、「熱暴走」などXperiaは価格の割に壊れるスマホという印象がどんどん強くなり、安くて壊れにくい中華スマホと高くて壊れるXperiaというイメージからスマホ購入時の選択肢に入らなくなりました。

タイでも現在はXperiaの販売は行われているようですが、使っている人をほとんど見ることが無いので、あまり売れていないのでしょう。

そんなSONYが新機種を夏ごろに発売するということで久しぶりにチェックしてみました。
今回発売されるのはフラグシップモデルの「Xperia 1Ⅲ」とミドルレンジの「Xperia 10Ⅲ」の2機種で両方とも5Gに対応しています。

まずは基本的なスペックから見ていきましょう。

Xperia 1Ⅲ / Xperia 10Ⅲの基本スペック
機種Xperia 1ⅢXperia 10Ⅲ
画面6.5インチ6.0インチ
HDR 有機ELHDR 有機EL
画面解像度4KFHD+
メモリ12GB6GB
容量256GB/512GB128GB
CPUSnapdragon 888 5GSnapdragon 690 5G
サイズ165×71×8.2mm154×68×8.3mm
重さ186g(Sub6)169g
バッテリー4500mAh4500mAh
急速充電対応対応
メインカメラメイン:12MPメイン:12MP
超広角:12MP超広角:12MP
望遠:12MP望遠:8MP
iToFセンサー
認証指紋
フロントカメラ8MP8MP
防水防塵IP65/68IP65/68

スペックを見ると、特徴は両方防水・防塵に対応している点と、Xperia10Ⅲが比較的軽めというくらいでしょうか。軽めといってもiPhone12miniが133gなのでそれと比べると思いです。

Xperia 1Ⅲ / Xperia 10Ⅲの販売価格

2機種とも現時点では正式な販売価格は発表されていませんが、おそらくそれぞれXperia 1Ⅱ / Xperia 10と同等の価格での販売になると思います。

機種Xperia 1ⅢXperia 10Ⅲ
販売価格35,990THB12,990THB

正確な価格がまだ出ていないので何とも言えませんが、上記の価格と同等か少し高いくらいになるのではないかと思います。

Xperia 1 Ⅲについて

5G対応のフラグシップモデルXperia 1 Ⅲに関しては、価格が35,999THB前後ではそこまで売れないような気がします。

タイではAndroidだとSamsung、そしてiPhoneが人気なので同価格帯であればわざわざSONYを選ぶという人は少ないような気がします。

街中でもSONYの端末を修理できる場所は少ないですし、以前SONYを使っていた際には正規修理に1か月以上かかるなどサポートもかなり弱い印象です。

ただ、SONYを応援したいというファンは買って損はない1台になっているとは思います。

Xperia 10 Ⅲについて

5G対応のミドルレンジモデルXperia 10 Ⅲに関しては、価格が12,900THB前後なら悪くない選択肢だと思います。先ほども書いたように、タイではSamsungのGalaxyとiPhoneが人気なのですがこの価格帯であれば悪くない価格設定です。

まだ正式な価格だ出ていないので何とも言えませんが、5G対応スマホで安いモデルはまだまだありますが防水・防塵がついていてこの価格はコスパが良い部類の端末に入ってくるでしょう。

ただ、OPPO Reno5 5G(定価:15,900THB)が「Snapdragon 765 5G」なのに対しXperia 10 Ⅲは「Snapdragon 690 5G」となっているので、この金額よりは安くしてほしいなというところです。

ただ、仮に1万バーツ後半であればコスパが良い端末とは言えなくなります。
とりあえず価格の発表を待ってみてという感じでしょう。

「タッチ切れ」「突然死」「熱暴走」が無いことが大前提ですが、14,900バーツまでならコスパは悪くないかなという印象です。

さいごに

Xperiaの2021年6月中旬以降に発売されるとのことで、もう少し待てば価格が発表されるかと思います。

個人的にはXperia 1Ⅲはかなり微妙、どうしてもXperiaのフラグシップモデルが欲しい人はあと1年待って次のモデルに期待してもいいと思います。

Xperia 10Ⅲは価格次第では買いだと思います。1,4900THBより高くなるか安くなるかというところでしょうか。

SONYのスマホ事業は全く上手くいっていないですが、頑張ってほしいですね。