iOS 14のインストールが開始、いろいろ便利な機能が追加されているので要チェック!

スマホ・通信・アプリ




iOS14について

本日、9月17日に提供が開始されるiOS14ですが、従来のiOSとかなり変更があり楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?今回はそんなiOS14についてご紹介します。

まずは、iOSが使えるiPhoneを御紹介します。

iOS14が利用可能なiPhone
iPhone11 iPhone11Pro iPhone11ProMax
iPhoneXS iPhoneXSMax iPhoneXR
iPhoneX iPhone8 iPhone8Plus
iPhone7 iPhone7Plus iPhone6s
iPhone6sPlus iPhoneSE(第1世代) iPhoneSE(第2世代)

上記以外にはiPhoneではありませんが、iPod touch(第7世代)でもiOS14を使う事が出来ます。

iOS14の変更点

次にiOS14に変更する事で変更される機能をご紹介します。

ウィジェットがホーム画面に設置可能に

今までのiOSではウィジェット専用ページにのみウィジェットが設置可能でしたが、iOS14からはアプリと同じページにウィジェットが設置可能になります。
自分の好きなようにカスタマイズが可能になり、さらに使いやすくなります。

着信画面が通知と同じ大きさに

今までだと、着信があると全画面で着信が表示されるためスマホで作業をしている際に着信があると作業を中断する必要がありましたが、iOS14では通知と同じ大きさで表示されます。
個人的にはこのアップデートはかなり嬉しいです。

新機能 Appライブラリ

自動でカテゴリーごとに分類してくれるので、アプリを探すのが容易になります。また、Appライブラリの画面を下にスワイプする事で名前の順番で並んだアプリの確認や検索を行えるようになります。

ピクチャ・イン・ピクチャ

他のアプリを使いながらFaceTimeでの通話や、動画閲覧を続けることが可能になります。メモを取りながらFaceTimeを使ったりと、色々役立ちそうです。

メッセージ機能のアップデート

チャットをピンで固定可能に。


チャットを9件までメッセージの上部に固定しておくことが可能になるので、よく使う連絡先や重要な連絡先にメッセージを送る際に便利になりました。

グループ写真機能

グループに写真や絵文字などを追加出来るようになり、グループの内容やテーマを設定できるようになりました。

名前の入力で指定が可能に

名前を入力して、誰宛のメッセージなのかを明確にする事が出来るようになりました。また自分の名前が指定された事が通知され、メッセージがハイライトされるので確認が容易になります。

上記のようにメッセージで「いまいち使いにくいな」と思っていた機能がアップデートにより追加されるので更に便利に使えるようになりそうです。

マップ機能のアップデート

正直、GoogleMAPばかり使っているので、ほとんど使っていないAppleのマップアプリですが、これも機能が追加されたようです。

電気自動車での経路の確認

充電ステーションがある経路を選択してくれる機能が追加されるようです。これはタイでも使えるのでしょうか?そもそも電気自動車を持っていないので使わないですが、今後マップアプリに必須の機能になるのでしょう。

ガイド機能が追加

世界各地にある注目の飲食店、ショップ、見どころをガイドしてくれる機能との事です。使ってみないとわかりませんが情報量が多ければ旅行の際などに役立つかもしれないですね。

他にも、自転車レーンや自転車専用道路を使った自転車での経路をチェックできるようになるようです。

マップアプリに関しては、正直まだGoogleMAPの方が使いやすそうな印象です。実際に使ってみたいですが、個人的にはGoogleMAPには勝てない気がします。

翻訳

11個の言語と言語数は少なく、タイ語が含まれていないのでタイ語が追加するまではあまり使えないアプリですね。Google翻訳でタイ語の追加まで待とうと思います。

プライバシー・セキュリティについて

録音と録画時にインジケータを表示

iPhoneのマイクやカメラを使っている時にお知らせが出るので、使っていないときに表示が出ていると異常に気付けるようになりました。これにより、iPhoneのカメラが乗っ取りに気付けるようになるのでしょうか?だとしたら嬉しい機能ですね。

Appleでサインインで対象アプリにログイン

同じパスワードを使い回さないように注意していると、パスワードの管理が大変ですが、新しい機能では対象のアプリへのサインインの際にAppleIDでサインインが可能になるようです。全てのアプリがそうなったらAppleIDの重要度は増しますが便利になりますね。

位置情報の共有に「おおよその現在位置」が追加

位置情報の共有をしないと使えないアプリがあったりしますが、正確なものではなく、おおよその位置情報を共有する事が可能になるようです。あまり正確な情報を共有する必要がないアプリを利用する際にはこのおおよその現在位置の共有は役立ちそうですね。

スマホを使う上で重要なプライバシーとセキュリティーの強化はうれしいです。

さいごに

他にも、デフォルトのブラウザアプリを「Safari」以外に変更出来る機能もかなり注目されているようです。私はSafariを気に入っているので変更しませんが需要はかなり高かったようです。

毎度のことですが、私はOSの更新があった場合にもすぐに変更せずに、しばらく様子をみて不具合の発生状況を確認してから更新を行うようにしてます。

今回はサブ機のiPhoneをiOS14に更新して使ってみて問題なければメイン機も更新を行おうと思います。。

コメント