「どんなときもWiFi」のグッド・ラックに電気通信事業法の違反で行政指導。

スマホ・通信・アプリ

総務省が6月19日に「どんなときもWiFi」を提供する株式会社 グッド・ラックを電気通信事業法の順守の徹底を求める行政指導と行いました。

・「MVNOサービス「どんなときもWiFi」の利用者へのサービス提供に係る株式会社グッド・ラックに対する指導等」





株式会社 グッド・ラックとは

「どんなときもWiFi」を提供する株式会社 グッド・ラックは以下のサービスを展開している会社です。

NEXT mobile

ONE Mobile

モバレコエアー

どんな時もWiFi

モバイルWiFiのサービスを主に展開している企業のようで、他はあまり聞いたことは無かったですが、どんな時もWiFiはCMが印象的なのと、データ無制限のWiFiという事で一時期すごく広告が出ていたので覚えています。

どんなときもWiFiとは

どんな時もWiFI公式WEBサイト

どんなときもWiFiはどんな時も使えるモバイルWiFiで、俳優の佐藤二朗・女優の今田美桜、をWEBCMに起用していました。今回の行政指導が入った後も「無制限」の文字がWEBサイト上には残っていました。

過去の通信の利用実績に基づき、一定以上使っている人は25GBの制限をかけているとの事で、無制限プランを契約していたのに、急に25GB制限をかけられた状態の人がいると言う事ですね。

どんな時もWiFiの口コミを見てみた。

かなり使えないという口コミが多いです。現在は新規申し込みは停止しているようですが、あそこまで大々的に広告してこの状況はかなり悲惨ですね。

なぜこんな事態になったのか?

株式会社グッド・ラックのWEBサイトにプレスリリースが出ていました。

「「どんなときも WiFi」における通信設備の仕組みや潜在的な事業リスクを卸元電気通信事業者(キャリアや兼松コミュニケーションズ株式会社等)との契約の関係で正しく認識できる状態になかった」という一文から、兼松コミュニケーションズ株式会社とキャリアが関わっているようですね。

兼松コミュニケーションズはタイのバンコクにあるYourMobile(ユアモバイル)とも提携している企業です。

最近、兼松コミュニケーションズは悪いニュースに名前が出る事が多いですね。

外部リンク「兼松コミュニケーションズ、運営するショップの店員が客をクソ野郎呼ばわりした件でお詫び」

クラウドSIMが悪いわけではない。

今回のどんなときもWiFi件でクラウドWiFiに苦手意識や嫌悪感をもった人もいるかも知れませんが、クラウドSIM技術やSIMカードを運用するSIMサーバーに問題があったわけではないようです。

端末とクラウドSIMテクノロジーを提供している、uCloudlink社はクラウドSIMやSIMサーバーには問題は無いと同社は主張している。

恐らくは、株式会社 グッド・ラックが調達出来ると予定していた無制限で使えるのSIMカードの調達に問題が出たのではないでしょうか。無制限を謳ったWiFiは軒並み、無制限ではなくなって行っているので、おそらく各社同じ原因だと思います。

クラウドSIM自体は素晴らしい技術だと思うので、頑張って欲しいですね!

コメント