タイへの旅行、ビザは必要?その他の注意点も。

旅行・グルメ




タイへの旅行の際に気になるのがビザでしょう。

タイへの観光を目的とした入国の場合ですが、日本国籍のパスポートがあれば、ビザが無くても入国をする事が可能で、最長で30日間の滞在が許可されます。

ビザなしでも30日滞在できるので普通の旅行者であれば十分でしょう。

その他入国に関しての注意点

ビザ以外にもいくつか注意点があるのでご紹介します。

パスポートの残存期間

タイ入国時のパスポートの残存期間にも注意が必要です。国際規定によりパスポートの残存期間は6ヶ月以上と定められていますので事前にチェックをしておきましょう。恐らくは航空券の予約の際に気付くとは思います。

往復のチケットを用意が無難

片道の航空券しかない場合、日本の空港のカウンターで、色々聞かれて面倒です。就労ビザが無い場合最悪、飛行機に乗せてもらえない可能性もあります。時々一時帰国で日本からタイに戻る際に未だに聞かれることがあります。

陸路での入国回数に制限

陸路での入国は1年に2回までと定められており、あまりに出入国を繰り返すと、入国を拒否される場合があるのでご注意下さい。

ビザ以外に気を付ける事

上記の通り、基本的にはビザが無くても旅行者であれば比較的自由に入国する事が可能な事がお分かりいただけたと思います。また、入国審査も基本的には質問されることはほぼ無く、書類を確認して終わりという印象です。

入国の際の税関でもいくつか気を付ける事が在ります。

煙草やお酒の持ち込みに関して

タイに持ち込めるお酒とたばこに関しては以下の通りに定められています。

・煙草:紙巻きたばこ200本まで、葉巻など250g まで

・お酒:1本※1L以内

上記の数量を超える持ち込みの場合には、申請が必要となります。

※電子タバコはタイでは所持も禁止されており、高額な罰金があるのでアイコス愛好家は注意が必要です。

さいごに

以上がタイに入国する際のビザやその他の注意点などです。上記の内容に気を付けて良い旅行にしてください。

それにしても日本のパスポートはかなり優秀で191の国や地域にビザなしで入国する事が可能です。せっかく日本という国に生まれて素晴らしいパスポートを持っているので、色々な国に行ってみたいですね。

コメント