バンコクでも増加中!セルフストレージサービスって何?2つの種類とメリットデメリット!

スポンサーリンク
タイ生活・タイ情報

セルフストレージって何?

日本でも都心部を中心にセルフストレージサービスが多く存在し、他の国でも家賃の高い地域ではセルフストレージサービスが流行っています。

セルフストレージとは、トランクルームなどの収納スペースを提供するサービスで、もともとはアメリカ発祥のサービスです。「部屋に置ききれない物」や「普段使わないもの」、「もう使わないかもしれないけど捨てられない物」などを自宅とは別のスペースに保管するために利用されます。

タイの首都バンコクでもここ数年、セルフストレージという言葉を良く聞くようになり、徐々に一般的なサービスとして認知されつつあります。バンコクには2件ほど日系のセルフストレージサービスが進出しており、今後さらに競争が激化していくと予想されます。

日系セルフストレージサービス
≫ スマホに収納で快適!「CloudRoom / クラウドルーム
≫ 日本人居住区に近い!「Keep It / キープイット

バンコクの変化とセルフストレージサービス

最近ではバンコクの地価・家賃が高騰し、自宅、職場に無駄なスペースがなくなってきているという人や企業も多いのではないでしょうか?

そんな普段使わない物を中心部から離れたセルフストレージに収納する事で、限られた生活スペース・仕事スペースを有効活用できるわけです。タイに数年住んでみると、日本から持ってきたけど使わない物や、人からもらって捨てられないものなど、「物」はどんどん増えていきます。
ただ、それに合わせてどんどん広い家に引っ越す事も難しく、今の住環境をどう変えていくかという方が費用もかからず、簡単です、

最近新たに建設されているコンドミニアムの部屋は狭い物が多く、なかなか物が増やせないという悩みを抱えた人は今度さらに増加してくるでしょう。なのでバンコクのセルフストレージサービスはかなり成長すると予想されています。

セルフストレージサービスに2つのタイプ

セルフストレージと言っても2つのタイプがあります。それが「スペース提供型」と「サービス提供型」です。一般的に皆さんが思い浮かべるセルフストレージと言えば、建物の中の限られた小さなスペースを借りるというサービスではないでしょうか。
まずは、そんな「スペース提供型」の特徴やメリット・デメリットをご紹介いたします。

スペース提供型セルフストレージ

スペース提供型のセルフストレージですが、日系の2社で言うと、「Keep It」がそれに該当するでしょう。自社のスペースを細かく区切りそのスペースを月額で提供するというビジネスモデルです。

■ スペース提供型セルフストレージの特徴
スペース提供型セルフストレージの場合、場所を借りる事が可能なサービスなので、借りた場所を自由に使える小さな倉庫の賃貸サービスというイメージです。基本的には24時間自由に出入りできる場所が多いです。

■スペース提供型セルフストレージのメリット
必要なスペースを借りておくことで、24時間365日いつでも荷物の預入れ・取出しが可能になる。
サイズを自分で選ぶことが出来、自分に合ったサイズを探す事が出来る。

■ スペース提供型セルフストレージのデメリット
デメリットとしては、原則自分で借りている倉庫まで行って預けたり、取り出したりする必要があるので、場所が遠いと不便。サイズが小さくなった場合にも移動が難しいので追加で借りる場合が多い。

サービス提供型セルフストレージ

サービス提供型のセルフストレージですが、日系の2社で言うと、「CloudRoom」がそれに該当するでしょう。サービス提供型のストレージサービスは「宅配」「自宅配送」で荷物を預けたり取り出したりする事が出来、自宅にいて全てのサービスを受ける事が出来ます。

■ サービス提供型セルフストレージの特徴
スペース提供型セルフストレージの場合、預ける・取り出すの作業も含めてサービスに内包している場合が殆どです。なので、車が無い場合や自宅の近くにセルフストレージが無いといった場合におススメのサービスです。

サービス提供型セルフストレージのメリット
先程も申し上げた通り、スペースを借りるのではなく預けるアイテム単位で料金が発生するので、少しだけ預けたい場合におススメで、さらには宅配サービスをていきょうしているので自宅にいたままセルフストレージサービスを利用する事が出来ます。

■ サービス提供型セルフストレージのデメリット
デメリットとしては、24時間受取・取出しが行えないので普段からよく使う物を預けるのが難しいでしょう。また、自分で持って行く必要は在りませんがその代わり送料が発生します。

最後に

上記の通り、どちらのサービスもメリット・デメリットがあるので、自分に合った方を選ぶ方が良いでしょう。是非、今の日系2社にはバンコクのセルフストレージサービスをどんどん盛り上げていって欲しいですね!

自分もスーツケースが結構邪魔なので、そのうち預けてみようと思います。

タイトルとURLをコピーしました