タイの1月11日~17日の新規感染者数の推移、バンコクの新規感染者数は減少傾向?

スポンサーリンク
タイ生活・タイ情報

1週間のコロナ新規感染者数は想像より落ち着いた推移

この1週間でタイ国内で発見された新型コロナの新規感染者数は1,756人となり、未だ新規感染者が出ている状況ではありますが、昨年の12月にサムットサーコーンの市場でクラスターが発生し、そこから感染が一気に拡大するのではと心配していたよりはかなり抑えられています。

日付合計国内感染バンコクその他
1月11日2492243625
1月12日287178329
1月13日1571322425
1月14日2712591412
1月15日1881542734
1月16日2302091221
1月17日3743641010
合計1,7561,520155136

特にバンコクでは1月11日の36人以降、徐々に減少しており、1月17日は10人となっています。

感染拡大防止策の効果が出ている?

現在、バンコクでは年始より以下のような施設を閉鎖し、企業にも在宅勤務を求めるなどして感染拡大の防止に取り組んできましたが、それの成果が出てきているのでしょうか。

保育園学校・塾・教育施設子どもの遊戯施設児童養育センタージム
ビリヤード場などゲーム施設ゲーム・ネットショップ遊園地などマッサージパーラー
闘鶏場クラブやバー・娯楽施設競馬場浴場お守りや仏像販売所
美容系クリニックスパ・マッサージ宴会場やパーティー会場タトゥーショップなどボクシング場
スケート場ボーリング場ダンス教室格闘技教室

上記に加えて、飲食店の影響時間の制限や店内での飲酒の禁止を行うなど、きびしい制限を行った結果が出てきているので、この規制がどのタイミングで解除されるのかが気になるところですね。

最近は乾季の風物詩、大気汚染も

上記は1月17に以下のサイトで大気汚染の状況をチェックして結果です。
バンコクの大気汚染:リアルタイム大気汚染指数(AQI)

乾季になると、毎年PM2.5が問題になっていますが、今年も大気汚染がひどい状況となっています。
今は外出時にマスクを着用しているので、付けるマスクはPM2.5対策にもなるマスクを付けるようにしましょう。

さいごに

タイでの検査数が発表されていないので、どの程度検査が進んでいるのかは分かりませんが、バンコクでの感染者数が減少傾向なのは感染拡大防止策に協力して行動しているおかげだと思います。

まだまだ先行きは不透明ですが、早めに規制が解除されて普通の生活に戻れるようになると良いですね。

タイトルとURLをコピーしました