Grabポイントで寄付も出来る?特に使わないので寄付してみた。

スマホ・通信・アプリ




タイ生活の必須アプリGrab

タイで生活していると、スマホで配車出来るサービス「Grab」を使う事も多いのではないでしょうか?

私も時々移動の際に使うのですが、アプリですぐに呼べるのでかなり便利です。

そんなGrabですが、気付かないうちにポイントが貯まっている事に気付きました。

Grabを使うメリットを御紹介

既にGrabを使っている人がほとんどだと思いますが、知らない方の為にメリットをご紹介します。

金額が乗車前に確定する

バンコクの街中から空港などに行く場合、捕まえたタクシーがメーターではなく、金額を指定してくることがあったりとぼったくられる可能性がありますが、Grabは乗車前に金額が確定するので安心です。

行先をタイ語で伝えなくてOK

MAPで目的地を指定できるので、タイ語で行先を伝えたりする必要がありません。また先述した通り金額が確定しているので、遠回りをして金額を稼ごうとする人も当然いません。

バイクも呼べる

渋滞している道に行く際に車だと時間がかかりますが、バイクに乗れば車の隙間をスイスイ進んで行くので時間をかけずに行く事が出来ます。個人的にはバイクの利用率の方が高いです。

気付けば貯まっているGrabポイント

私はそんなに回数利用しないのですが、697Point貯まっていました。1回の利用でそこまでポイントが貯まらないのでコツコツ貯めてきた結果なのでしょう。

交換出来る商品を調べてみる。

この自動で貯まっているポイントですが、様々な商品やサービスと交換する事が出来ます。

飲食系も豊富にありました。

Grabポイントですが、交換出来るものも意外に多く、ポイントを貯めれば貯めるほど良い還元率の物やサービスと交換が出来ます。

ポイントを使って寄付も出来る。

交換サービスの中に「Donation」もありました。Grabポイントを使って募金が出来るのは良いですね。

実際にポイントを使って寄付してみる。

特に使いたいサービスも無く、期限切れになって失効するともったいないのでとりあえず寄付をしてみる事にしました。

Unicef Thailandに220Pointで10THBを寄付。

とりあえず10THBをUnicef Thailandに寄付してみます。220Pointで10バーツの寄付になります。

確認画面が出てくるので、Confirmを押して寄付が完了です。

野生の象を保護するためのプロジェクトに440Pointで20THBを寄付。

残り440Point以上あったので、もう1件野生の象の保護をするプロジェクトに20THBを寄付してみます。

こちらも先程と同じ流れでボタンを押していくだけで進んで行きます。

ポイントを全て寄付に使って、残りは34Pointになります。特に使わないポイントで寄付出来てお得な気分です。

さいごに

普段、便利に使っているGrabで自動に貯まっているポイントですが、結構使わずに失効している人も多いのではないでしょうか?

何か交換したい物がある人は交換されると良いと思いますが、交換したい物が無ければ少額ですがポイントを使って寄付を行ってみても良いと思います。

コメント