子供のスマホの使い過ぎを防ぐ方法をご紹介いたします!

子供にスマホを持たせる時の不安「使い過ぎ」

スマホを子供に持たせる際に一番悩むのが、「使い過ぎて勉強しなくなるのでは?」「目が悪くならないように」「スマホ依存症にならないように」という点が挙げられます。

スマホは大人にとっても、子供にとっても貴重な情報収集の場所であり、宿題の際に調べものにスマホを使う子供も増えています。また、SNSを使った社交の場として、ゲームで遊ぶ場所など色々な役割をスマホ1台が担っています。

スマホの制限機能を上手く使おう!

スマホが登場してまだ、大人のネットリテラシーも高いとは言えない事が多く、子供と一緒に使い方を考えていく事が重要です。

スマホを安全に使う、スマホと依存せずに付き合うために制限機能を上手く使いましょう! 

ネットの使い方を制限する方法

制限方法1:通話のみのプランを契約し、データは自宅のWiFiのみに。

インターネットがどこでも快適に使えるのがスマホの良い部分ですが、スマホに依存する理由の一つにもなっています。

外ではインターネットを使えない用に通話のみのプランでご自宅のWiFiのみでインターネットを使えるようにするという方法があります。

デメリットとして緊急時にインターネットが使えない点と、インターケットに繋がっていないとGPSでの位置確認が出来ないという点があります。

制限方法2:データ容量の小さなパッケージにして使い過ぎ防止

外で一切インターネットが使えないというのは不安という親御さんもいると思います。

そんな時にはデータ容量の小さなパッケージを契約して、使いすぎると通信速度が遅くなるような設定にするという方法もあります。

この場合、速度が遅くてもLINEのメッセージなどはストレスなく使えるので、そこまで意味はないかもしれませんが、速度が必要なゲームなどは出来なくなるでしょう。

アプリを使って制限

子供のスマホの見守りにはやはり専用のアプリをご利用いただくのが一番効率的です。

監視しているように見えないように簡単に関し出来るのでこういったアプリを使って使い過ぎを制限し見守りましょう

みまもりアプリ導入する際に注意する事

まずはしっかりと話し合って、なぜこういったアプリの導入を行う必要があるのかについて親子で話合う事が必要です。

一方的な押し付けにならないように気を付けてください。

また、子供にダメという以上、親御さんも同じようなルールの元にスマホを使うようにした方が説得力が増すので、自分のスマホの使い方に関しても再度考えてみましょう。

さいごに

今回は使い過ぎ防止の方法についていくつかご紹介しましたが、基本的には便利に活用出来る物なので、スマホを持たせる時にはうまくスマホと付き合っていく方法を色々話し合ってみると良いと思います。

以下のような記事も是非チェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました