Youtubeで使うデータ使用量と画質ごとに快適に見れる通信速度をご紹介!

スポンサーリンク

大人も楽しめるコンテンツが充実のYoutube

以前はYoutubeは若者向けのコンテンツが多い動画投稿サイトでしたが、最近は様々な公式チャンネルや専門的な情報を発信するチャンネルなど大人も楽しめるコンテンツが増えてきています。

今回はそんなYoutubeを見る際のデータ使用量や必要な通信速度と画質の関係をご紹介いたします。

Youtubeってどのくらいデータを使うの?

自宅のWiFiであれば問題ないですが、SIMカードの通信を使ってYoutubeを見る時に気になるのがデータ容量です。Youtubeには色々な画質の設定がありますが、どのくらいデータ容量を消費するのかをご紹介します。

画質1時間のデータ使用量10GBで視聴できる時間
144p120MB85時間
240p168MB55時間
360p324MB30時間
480p612MB17時間
720p1,068MB9時間
1080p2,052MB5時間

■10GBのプランでも画質が良いとすぐになくなる。
程度のプランを使っている人であれば、最高画質では5時間しか見る事が出来ないという計算になります。例えば1日3時間1080pでYoutubeをSIMカードの通信で見ようと考えた場合、180GBの高速データがひつようという計算となります。

Youtubeを見るのに必要なスピードは?

次に気になるのがYoutubeを見るのに必要なスピードです。タイのスマホで4Gの通信も遅くても30~100Mbps程度出ていると思うのでそこまで気にする必要はないと思います。

画質止まらず見れる最低速度
4K20Mbps
HD 1,080p5Mbps
HD 720p2.5Mbps
SD 480p1.1Mbps
SD 360p0.7Mbps

4K動画を問題なく再生するためには20Mbps必要ですが、1080pであれば5Mbpsで問題なく再生することが出来ます。

■速度は4Gで十分も通信制限後は厳しい
5Gがどんなに早いと言ってもYoutubeを見るくらいであれば4Gのデータ通信でも十分です。ただ、高速データ容量を使い切ってしまった場合は0.38Mbps程度に速度制限がかかる場合がタイのSIMカードの契約の基本なので使い切った後は動画を見るのが難しい状況になってしまいます。

通信速度を計ってみる。

動画を見る場合には、データ容量の使い過ぎと通信速度に気を付ければOKですが、通信速度を計る方法をご紹介いたします。

自宅のWiFiや、スマホの通信速度を計ってみましょう。

自宅のWiFiの速度測定の結果

PCの場合、ブラウザで測定出来る物がいくつかあるので、好きな物を使うと良いと思います。
今回は「Fast.com」というサイトで通信速度を計ってみます。

アクセスするとすぐに通信速度の測定が始まります。

FAST.comは正確ではなく、少し早い数値が出ると言われることもありますが、基本的には信用して良いと思います。

今回の測定では76Mbpsというスピードになっており、4K動画もスムーズに見れるスピードとなっています。

スマホの速度測定の結果

スマホでも 「Fast.com」というサイトは利用可能出来ますが、アプリを使うと過去の計測データが記録されていくのでスマホでの通信速度の計測にはアプリを使うのもおススメです。

スマホで今回測定した結果がこちらです。
21Mbpsとかなり遅めではありますが、動画を見る分には問題ない通信速度になっています。

スマホにアプリを入れて速度計測を行いたいという人は「Speedtest」というアプリが必要です。

画質を変えてデータ節約!

以前ブログでも紹介しましたが、Youtubeの画質を変えることで、データの節約をすることができます。契約しているデータのパッケージが少ない人がSIMカードを使って動画を見る際には画質を下げてデータの節約をしましょう。

また、動画を見ていて、時々止まるという場合にも画質を下げると止まらず動画を見れるようになる場合もあります。

タイでも5G通信がかなり普及し、スマホでもサクサク快適に動画を見れるようになりましたが、速度が遅いという時には速度を計測してみるのも良いと思います。

また、タイの場合、自宅の固定WiFiが安定していない場合も多いので、引っ越しをする際にはその建物のWiFiスピードをチェックするのがおススメです。

タイトルとURLをコピーしました